1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 卓球 第25回アジア選手権大会 男子ダブルスは宇田幸矢/戸上隼輔が優勝

卓球 第25回アジア選手権大会 
男子ダブルスは宇田幸矢/戸上隼輔が優勝

第25回アジア卓球選手権大会が2021年9月28日~10月5日の日程でドーハ(カタール)で開催されており、男子ダブルスが10月4日に終了。宇田幸矢戸上隼輔(明治大学)が優勝を果たした。アジア卓球選手権大会の男子ダブルスで日本が優勝するのは、1976年大会(河野満/井上哲夫)以来45年ぶりとなった。

写真提供=ATTU(アジア卓球連合)

男子ダブルス
▼1回戦(抜粋)
吉村和弘/木造勇人(日本)
 2,9,4
  ALRAISI/AL-MANDHARI(オマーン)
▼2回戦(抜粋)
吉村和弘/木造勇人(日本)
 7,-9,-9,8,4
  パン・ユーエン/チュア・シャオハン(シンガポール)
宇田幸矢/戸上隼輔(日本)
 9,4,4
  KENJAEV/ANORBOEV(ウズベキスタン)
▼3回戦(抜粋)
張禹珍/林鐘勳(韓国)
 7,-5,5,8
  吉村和弘/木造勇人(日本)
宇田幸矢/戸上隼輔(日本)
 11,-9,12,7
  安宰賢/趙勝敏(韓国)
▼準々決勝
デサイ/タッカー(インド)
 10,5,6
  アラミヤン/N.アラミアン
張禹珍/林鐘勳(韓国)
 9,7,-8,8
  黄鎮廷/何鈞傑(香港)
アチャンタ/グナナセカラン(インド)
 9,7,10
  チュウ・ツェユ/ベー・クンティン(シンガポール)
宇田幸矢/戸上隼輔(日本)
 4,-9,5,2
  林兆恒/呉柏男(香港)
▼準決勝
張禹珍/林鐘勳
 4,6,-10,-9,8
  デサイ/タッカー
宇田幸矢/戸上隼輔
 5,9,11
  アチャンタ/グナナセカラン
▼決勝
宇田幸矢/戸上隼輔
 11,8,-8,9
  張禹珍/林鐘勳
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事