1. 卓球レポート Top
  2. その他
  3. コラム
  4. 張本智和が見せたさらなる可能性

張本智和が見せたさらなる可能性

1715gf-14.jpg張本は初戦を突破。明日オフチャロフと対戦する

 大会報道でもお伝えしたようにITTFワールドツアー・グランドファイナルで張本智和(JOCエリートアカデミー)は地元・カザフスタンのゲラシメンコを破ってベスト8進出を決めた。

 ゲラシメンコとの対戦は8月のワールドツアー最年少優勝を飾ったチェコオープン以来の対戦となった張本。そのときはゲームオールの末に勝利を収めており、正直に言うと今回も接戦になるのではないかと予想されていたが、試合が始まるとその予想は良い意味で裏切られた。

 第1ゲームこそ2-6とゲラシメンコにリードを許したが、「1ゲームを取られてもなんてことないと思ってゆっくりプレーできた」と語るとおり、ラリーの早い段階でのミスをすかさずに修正。バック対バックで主導権を握り先制点を奪った。その後は張本がゲラシメンコをリード。質の高い両ハンド、相手のサイドラインを切るほどの厳しいコースを突いた攻撃と圧巻のプレーで勝利を収めた。

 試合後、張本は次のように語った。
「前回よりフォアが良くてストレート勝ちできて良かったです。全体的にも1ゲーム目を逆転で取れたので良かったです。ダブルスも1回戦で負けてシングルスも1回戦で負けたらふがいないので、いつも以上に気合いを入れて頑張りました。
 出足はすぐにミスをしていましたが、ラリーをすれば勝てると思って、今までだったら焦っていましたが、1ゲームを取られてもなんてことないと思ってゆっくりプレーできた。第4ゲームもジュースになりましたが、ゲームを奪われても3対1だから大丈夫と思ってゆっくり落ち着いてプレーできました。」

 次戦は「今一番強い選手だと思う」というオフチャロフとの一戦。今年2月のインドオープンの決勝では0対4で敗れている相手だ。それからおよそ10カ月。オフチャロフ戦で張本はどのようなプレーを見せるのか。さらなる成長を遂げた14歳のプレーから目が離せない。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■その他の人気記事

Page Top