1. 卓球レポート Top
  2. 技術・戦術
  3. ビギナー向け
  4. ようこそ卓球
  5. ようこそ卓球 基本技術編 ②バックハンドロング(左利き)

ようこそ卓球 基本技術編 ②バックハンドロング(左利き)

卓球の世界へ、ようこそ!
この特別企画では、これから卓球を始める初心者の方に向けて、押さえておきたい卓球の基本的な知識と技術を紹介していきます。初心者必見のこの特別企画で、卓球が上達するための、そして卓球をより楽しむための土台をつくってください。
今回は、バックハンドの基本打法を学びましょう。

 バックハンドの基本打法は、「バックハンドロング」です。バックハンドロングの腕の形や動かし方を覚えることは、シェーク攻撃型の必須技術であるバックハンドドライブをマスターするために欠かせません。
 紹介するポイントを参考にして、バックハンドロングを身に付けましょう。



<今回のもくじ>

・構え方
・バックスイング
・スイング

構え方

●右足を前にして構える

 バックハンドロングで打球するときは、右足を左足よりも少し前に出して、右足前のスタンス(足の構え)で構えることが先決です。このスタンスで構えると、ラケットを十分に振ることができ、フォアハンドとの連係もスムーズに行うことができます。

●ひじを体から離し、ラケットを体の正面近くに構える

 バックハンドロングの構えでは、わきを空けてひじを体から離します。このように構えると、体の前にスペースができるので、ラケットを振りやすくなります。
 ひじを体から離しながら、ひじを曲げてラケットを体の正面近くに高く構えましょう。

●棒立ちは厳禁。前傾姿勢で構える

 両足のひざを軽く曲げ、上体を少し前傾させることも、構えの大切なポイントです。ひざが伸びていたり、上体が起きていたりすると、体のバランスが崩れてスイングが不安定になるので注意してください。

バックスイング

●ラケットを胸に小さく引き寄せる

 ひじを体から離し、体の正面近くにラケットを構えたら、ラケットを胸のあたりに小さく引き寄せるようにバックスイングします。腕だけでラケットを引こうとするのではなく、腰を右にほんの少しひねる動作を使うことが、スムーズにバックスイングするコツです。
 このときのラケットの面は少しかぶせておきましょう。

●手首の曲げすぎに注意!

 ラケットを胸のあたりに小さく引くときは、手首をほんの少し自分の方へ曲げます。ただし、手首を大きく曲げてしまうと、打球するときのラケットの面が不安定になってコントロールが難しくなるので、手首の曲げすぎに注意してください。

●前傾姿勢をほんの少し深める

 上体の前傾を少し深くすることもポイントです。前傾を深めるとボールに目線が近づくので、「ボールを正確に捉えやすい」「ボールを打つタイミングが計りやすい」などのメリットが生まれます。

スイング

●準備で曲げたひじを伸ばして斜め上にスイング

 胸の前あたりにラケットを小さく引いて準備したら、曲げていたひじを伸ばしてラケットを斜め上に振り出し、打球します。打球するときは、自分のコートにバウンドしたボールが頂点に達するよりも前を狙い、体の正面でボールを捉えましょう。
 バックハンドロングは、ひじを大きく動かしてしまうとスイングや打球が安定しません。バックスイングを取ったときのひじの位置を動かしすぎないよう注意してスイングしてください。

●腕だけでなく、腰の回転を使う

 スイングを安定させるためには、腰を右に少しひねる勢いを使うことがコツです。そうして、腕だけでなく、腰の回転を使うとリズムよくスイングすることができます。

●ボールの少し上を「軽く押す」イメージで打つ

 打球するときは、体の正面でボールを捉えることに加えて、ボールの正面より少し上を「軽く押す」イメージで打つこともポイントです。
 そうして、ボールを強く打とうとするのではなく、ボールを狙ったところへ何回でもコントロールできるような安定性の高いバックハンドロングをマスターしてください。

動画はこちら↓

 次回は、フォアハンドドライブを身に付けるためのポイントを分かりやすく紹介します。お楽しみに。


モデル=松島輝空(木下グループ)
まとめ=卓球レポート編集部

Recommendおすすめ記事

■技術・戦術の新着記事

■技術・戦術のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■技術・戦術の人気記事

Page Top