1. 卓球レポート Top
  2. 技術・戦術
  3. ビギナー向け
  4. ようこそ卓球
  5. ようこそ卓球 基本技術編 ⑦フォアハンドツッツキ(左利き)

ようこそ卓球 基本技術編 ⑦フォアハンドツッツキ(左利き)

卓球の世界へ、ようこそ!
この特別企画では、これから卓球を始める初心者の方に向けて、押さえておきたい卓球の基本的な知識と技術を紹介していきます。初心者必見のこの特別企画で、卓球が上達するための、そして卓球をより楽しむための土台をつくってください。

前回はバックハンドでツッツキするポイントを説明しました。今回は、フォアハンドでツッツキするポイントを紹介しましょう。



<今回のもくじ>

・構え
・バックスイング
・スイング

構え

●左足前のスタンスをつくる

 フォア側に短く来た下回転のボールに対してフォアハンドでツッツキするときは、左足を右足よりも前にしたスタンス(足の構え)をつくります。このスタンスで構えると、短いボールに体を近づけやすくなるので、この技術の安定性が高まります。

●ひじを少し曲げ、面を少し上に向けて構える

 構えでは、わきを空けてひじを体から離し、ひじを少し曲げます。このときのラケットは台よりも高く保ち、面は少し上に向けておきましょう。

バックスイング

●手首を小さく曲げてバックスイング

 ひじを体から離して少し曲げ、面を上向きにして構えたら、面を開くように手首を小さく曲げてバックスイングします。ラケットを体よりも後ろへ引かないよう注意し、手首を曲げるだけのコンパクトなバックスイングを心掛けましょう。
 ラケットを体よりも後ろへ大きく引いてしまうと、打球するタイミングやラケットの面が安定しないので注意してください。

スイング

●ひじを伸ばしながら斜め下へスイング

 小さくバックスイングしたら、ボールがバウンドしてから頂点に達するよりも前を狙ってラケットを斜め下に振り下ろすようにスイングし、ボールの正面より少し下の方をこするように打ちます。上に向けた面を打ち終わりまで変えないよう意識して、ひじを伸ばしながら斜め下にスイングしましょう。

●ひじを安定させることが重要ポイント

 フォアハンドツッツキは、バックハンドツッツキに比べて打球を安定させることが難しい技術です。理由は、ひじの位置が定まりにくいので、それに伴ってスイングの軌道やラケットの面がぶれやすいからです。
 したがって、「ひじの位置を安定させる」ことが、この技術をマスターするための大きなポイントになります。手首の使いすぎに注意し、ひじの位置を安定させることを意識してスイングしましょう。

●左足に重心をかけながらスイング

「左足に重心をかけながらスイングする」こともフォアハンドツッツキを身に付けるための大きなポイントです。そうすると下半身が安定し、それに伴ってひじの位置が動きにくくなるのでスイングが安定します。

●回転量にこだわらず、安定性第一!

 フォアハンドツッツキも、バックハンドツッツキ同様「下回転のボールを安定して相手コートへ返す」ことが最優先です。
 これまで紹介したポイントを踏まえ、回転を強くかけることよりも、相手コートへ何回でも返すことを目標にして、安定したフォアハンドツッツキをマスターしてください。

 卓球を始める上で必ず身に付けたい基本技術の紹介は今回でおしまいです。次回の最終回は、基本技術をより磨くために、ぜひ行ってみてほしい素振りやいろいろなボール遊びを紹介します。お楽しみに。


動画はこちら↓

モデル=松島輝空(木下グループ)
まとめ=卓球レポート編集部

Recommendおすすめ記事

■技術・戦術の新着記事

■技術・戦術のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■技術・戦術の人気記事

Page Top