1. 卓球レポート Top
  2. 技術・戦術
  3. ビギナー向け
  4. ようこそ卓球
  5. ようこそ卓球 川上流星&卓球レポート基本技術編⑤両ハンドの切り替え

ようこそ卓球 川上流星&卓球レポート
基本技術編⑤両ハンドの切り替え

 卓球の世界へ、ようこそ!
 この特別企画では、これから卓球を始める初心者の方に向けて、押さえておきたい卓球の基本的な知識と技術を紹介していきます。
 初心者必見のこの特別企画を、卓球が上達するための、そして卓球をより楽しむための土台づくりに役立ててください。
 今回は、両ハンドの切り替えを学びましょう。

 試合では、いろいろなコースに来たボールに対して、フォアハンドとバックハンドの両ハンドをうまく切り替えながら打ち返す必要があります。
 そのため、フォアハンドの柱になる技術のフォアハンドドライブと、バックハンドの柱であるバックハンドドライブの要領がある程度つかめたら、両ハンドの切り替えにトライしましょう。

※本文の技術解説は右利きプレーヤーをモデルにしています

<今回のもくじ>
・フォアハンドドライブからバックハンドドライブへの切り替え
・バックハンドドライブからフォアハンドドライブへの切り替え

フォアハンドドライブからバックハンドドライブへの切り替え

●バックハンドドライブの構えを素早くつくる

 フォアハンドドライブからバックハンドドライブへスムーズに切り替えるためには、フォアハンドドライブで打球した後、バックハンドドライブの構えを素早くつくることがとても大切です。
 体の正面で打球するバックハンドドライブは、打球点が遅くなるとラケットを振るスペースがなくなってしまいます。そのため、フォアハンドドライブからバックハンドドライブへ切り替えるときは、体の正面で打球できる位置に動きながらラケットを胸の前あたりに高く構え、すぐにバックハンドドライブが打てるよう準備しましょう。このとき、上体が起き上がらないよう注意し、体を小さくまとめるイメージで前傾を深めることも意識してください。

●手首を利かせてボールをこするように打つ

 素早く準備したら、バックハンドドライブの基本通りにスイングします。手首を大きめにひねり、ラケットの面をかぶせてバックスイングしたら、ひねった手首を返しながらラケットを斜め上へ振りだし、ボールの上の方をこするように打ちましょう。
 打球点は、ボールのバウンドが頂点に達するよりも前を狙ってください。

バックハンドドライブからフォアハンドドライブへの切り替え

●右足をフォア側へ運びながらバックスイング

 バックハンドドライブからフォアハンドドライブへ切り替えるときは、フォア側に来たボールに対して、体の斜め前あたりで打球できるよう右足をフォア側へ運びます。右足をフォア側に運びながら、腰を右にひねる動きに沿ってラケットを引き、バックスイングしてください。
 この準備を素早く行えるよう、バックハンドドライブで打球した後は、ラケットの動きを小さく抑えることも意識しましょう。

●腕だけでなく、体をしっかり使ってスイングする

 右足をフォア側に運び、右足に重心をかけてラケットを低い位置に引いたら、斜め上にスイングしてボールの正面より上の方をこすり上げるように打ちます。
 右足から左足への重心移動とひねった腰をもとに戻す(左にひねる)勢いを使うことを意識して、腕だけでなく、体全体でスイングしましょう

モデル=川上流星(星槎中学校)
まとめ=卓球レポート編集部

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■技術・戦術の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■技術・戦術の新着記事