1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. Tリーグ情報
  4. 吉村真晴を獲得した「T.T彩たま」とは?

吉村真晴を獲得した「T.T彩たま」とは?

 吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)を獲得(選手契約基本合意)し、10月開幕のTリーグで初代チャンピオンの座を狙う「T.T彩たま」。先日は会見の模様を報じたが、今回はT.T彩たまについて、より詳しく書きたいと思う。
 T.T彩たまを運営するのは「T.T彩たま株式会社」という法人。代表取締役は柏原哲郎さん。資本金は9千800万円で、その全額を出資したのは、同じく柏原さんが代表を務めるトーサイアポ株式会社だ。
 トーサイアポ株式会社は自動車総合ディーラー。自動車買取専門店大手の「カーセブン」の株主でもあり、埼玉県でシェア1位、全国売り上げトップ10だという。同社は「信用、成長、感謝」を理念に掲げ、人材を「人財」と呼んで重視している。
 さて、T.T彩たまは、自らのミッションとして次の3つを掲げている。
■世界一の選手を育てます
■埼玉から世界に発信し、埼玉を国際ブランドにします
■あらゆる世代に歓びと健康を提供します
 
 この3つのミッションに加え「国際色豊かなメンバー構成で初代王者を目指します」「県民の身近な存在であり続けます」ともうたっている。国際色豊かな選手をそろえるという点では、2〜3名の外国選手を獲得すべく調整中で、柏原さんは韓国にも交渉に赴いているそうだ。
 一方、身近な存在として親しまれるために、ファンクラブ大会やファンへの指導などを検討しているという。「世界レベルのプレーをできるだけ多くの方に見ていただければと考えています。また、トップ選手と打つことができれば、一生記憶に残るような体験になるでしょう。そうした感動を提供していきたいと考えています」と柏原さん。子ども向けのスクールの運営も計画しており、そのスクールの運営でも日本トップクラスを目指したいと語る。

「初代チャンピオンを目指します」と柏原さん

 経営者として活躍する柏原さんは、実は卓球人、しかも全国優勝を遂げている卓球人である。
 柏原さんは、名将・吉田安夫監督が率いた熊谷商業高校(熊商)出身。戦型は右シェーク攻撃型で、オールフォアで攻めるようなスタイルだった。
 熊商で高校3年間をともに過ごした渋谷浩さんは、柏原さんの人物像を次のように語る。「誰からも好かれるタイプです。おっちょこちょいなところもあって、皆に愛されていました。そして、卓球に対しては、がんばり屋でした。現在は経営者として活躍されていますが、小さなことにこだわらず、スケールの大きな考え方をする人物だと思います」
 柏原さんが熊商に在学した3年間(昭和58〜60年)、熊商はインターハイの男子学校対抗で3連覇を遂げた。柏原さんが高校3年生の時、月間「卓球レポート」1985年10月号は、将来有望な選手を紹介する「フレッシュ」というコーナーで柏原さんを取り上げている(その時の記事はこちら)。

昭和60年インターハイ男子学校対抗優勝の熊商。前列左から2人目が柏原さん

 ちなみに、松下浩二さん(現・Tリーグ代表理事)も柏原さんと同級生だ。松下さんは桜丘高校出身で、熊商と桜丘は全国優勝をかけて競い合うライバル同士だった。高校卒業後、柏原さん、松下さん、渋谷さんはいずれも明治大学へ進学している。
 
 卓球選手としてインターハイ優勝という景色を見た柏原さんは、選手からチーム経営者と立場を変え、Tリーグで初代チャンピオンの座に上り詰めるのか。そして、世界へ向けて埼玉を発信するという夢をかなえるのか。柏原さん率いるT.T彩たまの挑戦に注目したい。
文=川合綾子

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

Page Top