1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 卓球 WTTスターコンテンダー ドーハ 決勝トーナメント出場者に水谷ら

卓球 WTTスターコンテンダー ドーハ 
決勝トーナメント出場者に水谷ら

 今年から始まるWTT(World Table Tennis)の最初の大会であるWTT中東は、3月3〜6日(予選は2月28日〜3月2日)にWTTコンテンダー ドーハが、3月8〜13日(予選は3月6〜7日)にWTTスターコンテンダー ドーハが開催される。
 WTTスターコンテンダー ドーハの男子シングルス決勝トーナメントから出場する選手は、ワイルドカードの4枠が埋まり、フランチスカ(ドイツ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、水谷隼(木下グループ)に開催国のアル・ムハンナディ(カタール)が加わった。女子はワイルドカードとしてポルカノバ(オーストリア)が指名され、予選から出場予定だったシャオ・ジエニ(ポルトガル)、バトラ(インド)、崔孝珠(韓国)が決勝トーナメントから出場へと繰り上げられた。

WTTスターコンテンダー ドーハ
男子決勝トーナメント出場予定選手
1 許昕(中国)
2 張本智和(木下グループ)
3 カルデラーノ(ブラジル)
4 林昀儒(中華台北)
5 ファルク(スウェーデン)
6 張禹珍(韓国)
7 オフチャロフ(ドイツ)
8 鄭榮植 (韓国)
9 アルナ(ナイジェリア)
10 李尚洙(韓国)
11 ガルドシュ(オーストリア)
12 フレイタス(ポルトガル)
13 荘智淵(中華台北)
14 サムソノフ(ベラルーシ)
15 K.カールソン(スウェーデン)
16 グロート(デンマーク)
17 ヨルジッチ(スロベニア)
18 アチャンタ(インド)
19 プッツァー (クロアチア)
20 ワン・ヤン(スロバキア)
21 宇田幸矢(明治大学)
22 ツボイ(ブラジル)
23 グナナセカラン (インド)
24 デュダ(ドイツ)
25 安宰賢(韓国)
26 ルベッソン (フランス)
27 O.アサール(エジプト)
28 フィルス(ドイツ)
29 ヨン・パーソン (スウェーデン)
30 D.ハーベゾーン (オーストリア)
31 ゲラシメンコ(カザフスタン)
32 ガシナ(クロアチア)
33 森薗政崇 (BOBSON)
34 サレー(エジプト)
35 フランチスカ(ドイツ)
36 丹羽孝希(スヴェンソン)
37 水谷隼(木下グループ)
38 アル・ムハンナディ(カタール)
39 ピッチフォード(イングランド)
40 ゴズィー(フランス)
41〜48【予選通過者】

WTTスターコンテンダー ドーハ
女子決勝トーナメント出場予定選手
1 孫穎莎(中国)
2 伊藤美誠(スターツ)
3 劉詩雯(中国)
4 鄭怡静(中華台北)
5 石川佳純(全農)
6 平野美宇(日本生命)
7 馮天薇(シンガポール)
8 田志希(韓国)
9 徐孝元(韓国)
10 ハン・イン(ドイツ)
11 陳思羽(中華台北)
12 スッチ(ルーマニア)
13 エーラント(オランダ)
14 早田ひな(日本生命)
15 リリー・チャン(アメリカ)
16 ペソツカ(ウクライナ)
17 サマラ(ルーマニア)
18 メシュレフ(エジプト)
19 チャン・モー(カナダ)
20 ミッテルハム(ドイツ)
21 S.サウェッタブート(タイ)
22 シャン・シャオナ(ドイツ)
23 ヤン・シャオシン(モナコ)
24 ミハイロワ(ロシア)
25 タカハシ(ブラジル)
26 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
27 ユ・メンユ(シンガポール)
28 マテロバ(チェコ)
29 バラゾバ(スロバキア)
30 ユ・フ(ポルトガル)
31 鄭先知(中華台北)
32 リン・エ(シンガポール)
33 ノスコワ(ロシア)
34 張瑞(中国)
35 ポルカノバ(オーストリア)
36 シャオ・ジエニ(ポルトガル)
37 バトラ(インド)
38 崔孝珠(韓国)
39 A.ディアス(プエルトリコ)
40 P.ゾルヤ(ドイツ)
41〜48【予選通過者】

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■トピックスの新着記事