1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 世界卓球2021ヒューストン(個人戦)日本代表選考基準 6月23日補完

世界卓球2021ヒューストン(個人戦)日本代表選考基準 6月23日補完

 日本卓球協会は、世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)の日本代表選手選考基準を、6月23日付で補完した。

1.男女シングルス代表5名の選出方法

(1)2021年(第24週)6月15日発表の WR20位以内の日本人最上位選手:(1名)
(2)2021年(第24週)6月15日発表の WR100位以内の日本人最上位選手:(1名)*(1)のWR20位以内の日本人最上位選手を除く
(3)第32回オリンピック競技大会(2020/東京)にて種目に関わらずメダル獲得した選手
(4)国内選考会の上位から出場枠に達するまで

2.国内選考会への出場資格(但し、下記*に該当する ITTF の定める世界選手権出場資格を有する者)

*開催日程:2021年9月27日(月)〜30日(木)(於:大分県:杵築市文化体育館)
(1)第32回オリンピック競技大会(2020/東京)出場者
(2)2021年アジア卓球選手権大会国内選考会(旭市)10位までの者
(3)2021年全日本卓球選手権大会シングルスベスト4の選手
(4)第 30 回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会シングルス優勝者
(5)2022年 FISU ワールドユニバーシティゲームズ日本代表候補選手
(6)2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部優勝者
(7)令和3年度全国高校総合体育大会シングルス優勝者
(8)令和3年度全国中学校卓球大会シングルス優勝者
(9)2021年全日本卓球選手権大会ホープスの部優勝者
(10)上記(1)~(9)の人数が24名に達するまで強化本部にて推薦する。

3.出場種目 *代表選手の出場種目ならびにペアリングは強化本部で決定する。

1)シングルス:3〜5名
2)ダブルス:2ペア
3)混合ダブルス:2ペア
*ダブルス及び混合ダブルスには、シングルスの代表選手の他、4名を上限として加えることがある。

4.補足基準

①代表決定者が故障等で参加が不能となった場合、その代替選手は強化本部にて決定する。
②ITTF が出場人数制限等を発表し、本選考基準との齟齬が発生した場合は再度理事会で審議する。
*なお、他の国と地域の協会から日本卓球協会へ登録を移籍した選手は、ITTF の定める世界選手権出場資格要件を満たしていることが、選考の前提条件となる。

 なお、世界卓球2021ヒューストンは、2021年11月23〜29日にアメリカテキサス州のヒューストンで開催される。各協会からのエントリー数は、男女シングルス各5名、男女ダブルス各2ペア、混合ダブルス2ペアだ。シングルス出場枠は、原則として各協会3名だが、一定の条件をクリアすれば、最大2名の出場枠が追加される。その条件とは、次の2つ。

2021年(第24週)6月15日の世界ランキング100位以内にその協会の選手が入れば出場枠1名追加
2021年(第24週)6月15日の世界ランキング20位以内にその協会の選手が入れば出場枠1名追加

 日本は男女ともこの条件を満たしシングルス出場枠が5名となることは堅いだろう。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■トピックスの新着記事