1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ 〜水谷所属のUMMCは準々決勝で敗退〜

ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ 〜水谷所属のUMMCは準々決勝で敗退〜

ヨーロッパ・チャンピオンズリーグは準々決勝までが終了し、ベスト4が出そろった。優勝候補のオレンブルグ(ロシア)が勝ち進む一方、水谷隼(beacon.LAB)が所属するUMMC(ロシア)は準々決勝敗退となった。

 UMMCは準々決勝でシャルトル(フランス)に第1戦、第2戦ともに敗れた。水谷は第2戦のみの出場となり、1番でジェレル(スウェーデン)をストレートで下したが、続く2番、3番が敗戦。第1戦と合わせた2戦合計の結果、この時点でUMMCの敗退が決まった。

 優勝候補のオレンブルグ(ロシア)はオフチャロフ(ドイツ)、サムソノフ(ベラルーシ)らの活躍でザールブリュッケン(ドイツ)に第1戦、第2戦ともにストレート勝ちする強さを見せた。

 ボル(ドイツ)を擁するデュッセルドルフ(ドイツ)はポントワーズ(フランス)に第1戦で敗れるも、第2戦で勝利。2戦合計で並んだが、獲得ゲーム数の結果、準決勝進出を決めた。

 ニーダーオーストライヒ(オーストリア)はマゾビエツキ(ポーランド)に2戦とも3対1で勝利を収めた。侯英超(中国)、フェゲアル(オーストリア)らが得点源になった。

準決勝の組み合わせは以下の通りとなっている。3月13日に第1戦が行われる予定だ。

150206_14-15ecl.jpg

ヨーロッパ卓球連合:http://www.ettu.org/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top