1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ブンデスリーガ2017-18 〜第4節までが終了。村松、森薗が勝利に貢献〜

ブンデスリーガ2017-18 〜第4節までが終了。村松、森薗が勝利に貢献〜

ドイツ・ブンデスリーガは第4節までが終了。デュッセルドルフとザールブリュッケンが4連勝でトップを走っている。このほか、森薗、村松、及川の日本選手もチームの一員として奮闘している。

 10月14〜15日に行われた第4節ではデュッセルドルフがミュールハオゼンに3対1で勝利。デュッセルドルフはエースのボル(ドイツ)が欠場する中、K.カールソンが2得点の活躍でチームを勝利に導いた。ザールブリュッケンはアポロニア(ポルトガル)、フランチスカ(ドイツ)の活躍でベルクノイシュタットを3対1で下した。
 村松が所属するオクセンハオゼンは、ブレーメンと対戦した。村松は3番で登場。ルーマニアのスッチを3対1で破り、今シーズン初勝利を挙げた。村松の得点で勝利に王手をかけたオクセンハオゼンは4番のS.ゴズィー(フランス)がシュテーガー(ドイツ)を破り、3対1で勝利を収めた。
 森薗が所属するグリューンヴェッタースバッハはグレンツァオと対戦。森薗は2番でコウ・レイ(ウクライナ)にストレート勝ち。チームも3対0で完勝し、シーズン2勝目を挙げた。
 及川が所属するケーニヒスホーフェンはマーベルツェルと対戦。及川は王熹(中国)、フィルス(ドイツ)とカット主戦型と対戦したが、勝利とはならず、チームも1対3で敗れた。
 第5節は10月28〜29日に行われる。

171020-01.jpg村松がシーズン初勝利を挙げた(写真は平成29年度前期日本リーグ)

☆2017.10.14

 オクセンハオゼン 3―1 ブレーメン

 S.ゴズィー 7,-10,-7,-8 O.アサール○

○カルデラーノ 8,9,6 シュテーガー

○村松 12,-7,3,7 スッチ

○S.ゴズィー 9,-6,7,4 シュテーガー

 カルデラーノ ― O.アサール

☆2017.10.15

 マーベルツェル 3―1 ケーニヒスホーフェン

○フィルス 11,9,12 オルト

○王熹 2,8,9 及川

 グロート -5,8,9,-9,-5 ヨルジッチ○

○フィルス 7,-6,6,8 及川

 王熹 ― オルト

 グリューンヴェッタースバッハ 3-0 グレンツァオ

○バルザー 5,-8,3,-6,8 ゲラシメンコ

○森薗 2,5,11 コウ・レイ

○Q.ダン -10,7,6,9 チオティ

 森薗 ― ゲラシメンコ

 バルザー ― シュリクター

 ザールブリュッケン 3―1 ベルクノイシュタット

○アポロニア 9,-7,-8,12,7 アチャンタ

 フランチスカ -8,-8,9,-9 デューダ

○トキッチ -9,9,-12,4,10 メンゲル

○フランチスカ 10,-9,-9,9,8 アチャンタ

 アポロニア ― デューダ

 デュッセルドルフ 3ー1 ミュールハオゼン

○K.カールソン 7,8,5 Da.ハーベゾーン

 フェゲアル -8,7,-9,6,-9 イオネスク○

○ケルベリ 6,5,-7,6 ヤンカリック

○K.カールソン 9,2,9 イオネスク

 フェゲアル ― Da.ハーベゾーン

ブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できます。日本選手の活躍をチェックしよう!

http://ttbl.de/ttbl-tv


ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://ttbl.de
ブンデスリーガ2017-18チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2017-18試合日程(PDF・日本語)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事