1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第47回全国中学校大会2日目① 男子団体は愛工大附属らが勝ち進む

第47回全国中学校大会2日目① 男子団体は愛工大附属らが勝ち進む

8月21〜24日、高岡市竹平記念体育館(富山)で第47回全国中学校大会が開催されている。大会2日目は男女団体の第1ステージ(予選ブロックリーグ)が行われ、各ブロックの1位となった13チームが第2ステージ(決勝トーナメント)進出を決めた。男子団体の第1ステージでは、王者・愛工大附属など、昨年のベスト4が順当に勝ち上がった。

 

140822-01.jpg愛工大附属は主将の中村が着実に白星を挙げた

14-0822-02.jpg明豊はチーム一丸で12年ぶりの優勝を目指す

140822-03.jpg昨年ベスト4の中間東も決勝トーナメント進出を決めた
 
14-0822-02.jpg野田学園は今泉(左)・加藤の1年生ダブルスも活躍

140822-03.jpg男子団体決勝トーナメントの組み合わせ
 

 愛工大附属は、主将の中村らを中心に選手層の厚さが光った。今年から加わった1年生の篠塚も得点を挙げるなど、起用に応える活躍を見せた。
 昨年2位の明豊は伝統校らしい基本に忠実なフットワークを生かした攻撃で着実に得点を重ねた。チーム全体の一体感も良く、12年ぶりの優勝に向けて好発進となった。
 昨年ベスト4の中間東、明徳義塾も順当に勝ち上がったほか、昨年、準々決勝で悔し涙を飲んだ野田学園などが決勝トーナメントへの進出を決めている。
 大会3日目は男女団体決勝トーナメントが行われ、それぞれの優勝校が決まる。また男女シングルスの1〜2回戦も行われる予定だ。

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でも情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第47回全中 卓球:http://47thzenchutt2016.com

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事