1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. ジャパン・オープン肢体不自由者選手権大会 〜別所が4連覇、岡は優勝ならず〜

ジャパン・オープン肢体不自由者選手権大会 〜別所が4連覇、岡は優勝ならず〜

3月7〜8日に大阪市舞洲障害者スポーツセンター(アミティ舞洲)で第35回ジャパン・オープン肢体不自由者選手権大会が開催された。今大会は昨年に続き、立位の部、車いすの部の中でG1、G2と階級を2つに分けて試合が行われ、出場者たちが頂点を争った。

 

【個人戦・車いすの部】

 車いす男子の部G1はこれまで通算26度の優勝を誇り、今大会も優勝候補筆頭の岡紀彦(岡山)が敗れる波乱があった。岡は予選リーグを通過したものの、準々決勝で長島秀明(東京)にストレート負け。絶対王者として君臨し続けてきたが、勝ち続けることの難しさを感じさせる試合になった。
 優勝は一昨年の覇者の吉田信一(東京)。予選リーグの第1試合こそ、苦戦を強いられた吉田だったが、試合を重ねるにつれて調子を上げた。決勝では得意のバックハンド強打で試合を優位に進め、普段から練習を共にする長島に3対1で勝利した。

 車いす女子の部G1は別所キミヱ(香川)が全試合ストレート勝ちと女王の貫禄を見せて4連覇を飾った。決勝戦は、石橋栄(大阪)の粘りに苦しむ場面もあったが、緩急をつけたプレーで揺さぶり、競り合いを物にした。

 車いす男子G2の部では鋭いバックハンドドライブで勝ち進んだ渡邊剛(東京)が初優勝。決勝戦でも力強い攻撃で試合のペースを握り、チャンピオンの座をつかんだ。

 車いす女子G2の部のチャンピオンは須藤泰子(愛知)。接戦が続いた予選リーグを勝ち上がると、決勝リーグではフォアハンドでの攻撃がさえわたり、見事初優勝を果たした。

 

吉田がバックハンドを軸にした戦いで2年ぶりの優勝

王者・岡は長島に敗れ、27度目の優勝ならず

進化を続ける別所が4連覇達成

渡邊は力のあるドライブで車いす男子の部G2初優勝

須藤はフォアハンドが冴えて、栄冠をつかんだ

【個人戦・立位の部】

 立位男子の部G1は永下尚也(福井)が新チャンピオンに輝いた。昨年2位と悔し涙を飲んだ永下は、今大会に向けて、課題としているバックハンドの強化に務めた。試合では練習の成果を発揮し、バックハンドから好機をつくり出し、フォアハンドで決める形が光った。

 立位女子の部G1では小田美賀子(福岡)が新女王になった。準決勝では前回覇者の工藤恭子(熊本)と対戦し、最終ゲームまでもつれる接戦を我慢強いプレーで乗り切った。大会を通して、終始、精度の高い両ハンドを見せて、強敵を連破した。

 立位男子の部G2は安立剛(東京)が頂点に立った。異質ラバーを駆使した巧みなプレーで勝ち上がると、決勝でも変幻自在のプレーで勝利をつかんだ。

 立位女子の部G2は鈴木玉乃(静岡)がリズムよく攻めて初優勝。予選リーグを全試合ストレート勝ちすると、決勝トーナメントでもその勢いを持続して、王座についた。

 

課題のバックハンドを強化した永下が初優勝

小田は攻守に安定感を見せた

異質ラバーを駆使したプレーで頂点をつかんだ安立

自分のペースで試合を進め、主導権を握った鈴木

【団体戦】

 団体戦車いす混成の部では、個人戦車いす男子の部G1で決勝進出の吉田、長島を擁するティスタンスに勝利した静身障卓友会(茶田ゆきみ・土井健太郎・土井康太郎)が優勝。団体戦立位男子の部はForce-LeavesB(本多利行・板井淳記・寺本健太郎・垣田斉明)が優勝。決勝ではForce-LeavesAとの同士打ちを制した。団体戦立位女子の部は北卓会(時耕佐知子・青木佑季・藤岡明美)が優勝。準決勝、決勝と九州勢を連破して頂点に立った。


団体戦・車いす混成の部優勝の静身障卓友会

団体戦・立位男子の部優勝のForce-LeavesB

団体戦・立位女子の部優勝の北卓会


【各種目・上位の結果】

 

個人戦・車いす男子の部G1

優勝 吉田信一(東京)

2位 長島秀明(東京)

3位 宇津木孝章(香川)

3位 藤井和彦(東京)

 

個人戦・車いす男子の部G2

優勝 渡邊剛(東京)

2位 佐竹三雄(大阪)

3位 東条隆一(香川)

 

個人戦・車いす女子の部G1

優勝 別所キミヱ(香川)

2位 石橋栄(大阪)

3位 藤森亜利砂(神奈川)

3位 吉海美代子(東京)

 

個人戦・車いす女子の部G2

優勝 須藤泰子(茨城)

2位 森ふさ(京都)

3位 森澤千代子(香川)

 

個人戦・立位男子の部G1

優勝 永下尚也(福井)

2位 谷口英雄(山口)

3位 中島拓哉(愛知)

3位 垣田斉明(熊本)

 

個人戦・立位男子の部G2

優勝 安立剛(東京)

2位 宿野部拓海(神奈川)

3位 玉井英雄(愛知)

3位 森田秀樹(香川)

 

個人戦・立位女子の部G1

優勝 小田美賀子(福岡)

2位 赤坂美千代(福岡)

3位 工藤恭子(熊本)

3位 時耕佐知子(北海道)

 

個人戦・立位女子の部G2

優勝 鈴木玉乃(静岡)

2位 丸山ひより(埼玉)

3位 友野有理(兵庫)

3位 柾谷はつ子(神奈川)

 

団体戦・車いす混成の部

優勝 静身障卓友会(茶田・土井健・土井康)

2位 ディスタンス(長島・渡邊・吉田)

3位 Y・O(岡・野稲・中本・河津)

3位 四国B(東条・岡田・渡部)

 

団体戦・立位男子の部

優勝 Force-LeavesB(本多・板井・寺本・垣田)

2位 Force-LeavesA(鈴木・宮脇・井上・立石)

3位 ディスタンス(武田・佐藤・岩渕)

3位 長居卓友会A(井上・久米・玉置・笠川)

 

■団体戦・立位女子の部

優勝 北卓会(時耕・青木・藤岡)

2位 九州障害者卓球連盟A(工藤・櫨山・小田)

3位 九州障害者卓球連盟B(網屋・吉開・赤坂)

3位 Y・O (中川・深野・斉藤・益田)


今大会の模様は卓球レポート5月号(4月20日発売)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事