1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 第22回アジア選手権大会6日目③ 〜女子シングルスで福原、伊藤が8強進出〜

第22回アジア選手権大会6日目③ 〜女子シングルスで福原、伊藤が8強進出〜

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会6日目は前日に引き続き、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われる。女子シングルスは4回戦が行われ、福原、伊藤がベスト8進出を果たした。


151001-10.jpg福原は変化をつけたバックハンドを軸にしたプレーで完勝

151001-11.jpg相手の途中棄権により、ベスト8進出を決めた伊藤

151001-12.jpg平野は劉詩雯に敗れ4回戦敗退となった

 

<女子シングルス4回戦>

伊藤 途中棄権 ユ・メンユ(シンガポール)

福原 9、9、7、8 梁夏銀(韓国)

劉詩雯(中国) 8、6、5、4 平野


 福原は梁夏銀と対戦。福原はバックハンドの緩急をつけたプレーで梁夏銀を揺さぶると、好機にはすかさずフォアハンドで強打する形がはまり、4対0で快勝。相手を寄せ付けない強さを見せた。

 伊藤はユ・メンユと対戦。バック対バックの展開やピッチの速いラリー戦で相手を上回り、3対0とリードを広げた。勝利まであと1ゲームと迫ったところで、ユ・メンユが体調不良を申し出て、棄権。この結果、伊藤がベスト8進出を決めた。

 平野は劉詩雯と対戦。初めての対戦となる両者による一戦はラリー戦で平野が健闘する場面もあったが、劉詩雯が決めるべきところでしっかりと決めてストレート勝ち。試合後、平野は「厳しいコースを突かなければ得点できないなど考えすぎてしまった部分がありました。メンタル面を今後、鍛えていきたいです」と悔し涙をにじませながら語った。

 女子シングルス準々決勝はこのあと、19時30分(日本時間:21時30分)から行われる。組み合わせは以下の通り。


<女子シングルス準々決勝>

宋マウン(韓国) ー 木子(中国)

伊藤(日本) ー 朱雨玲(中国)

福原(日本) ー 陳夢(中国)

馮天薇(シンガポール) ー 劉詩雯(中国)


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。
 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事