1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 第22回アジア選手権大会6日目④ 〜男子シングルスのベスト8が決定。日本勢は8強入りならず〜

第22回アジア選手権大会6日目④ 〜男子シングルスのベスト8が決定。日本勢は8強入りならず〜

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会6日目は前日に引き続き、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われる。男子シングルスは4回戦が行われ、日本勢最後の砦である大島が敗れ、日本選手が姿を消した。


151001-13.jpg大島はゲームオールの末に鄭榮植に敗戦

151001-15.jpg攻めの姿勢を貫いたが、要所でミスが出た

151001-14.jpg王者・張継科は張禹珍に苦杯を喫した

 

<男子シングルス4回戦>

 鄭榮植(韓国) 7、-8、-6、10、-13、6、3 大島


 大島は鄭榮植と対戦。これまでの連戦の疲れを見せず、試合開始から気迫あふれるプレーを見せた大島はバック対バックの展開が有利と見ると、バックハンドを中心にしたプレーを組み立てた。しかし、大事な場面でミスが重なった。最終ゲームは序盤から鄭榮植の勢いに押し込まれ、8強入りはならなかった。 試合後、大島は「こういった競ったゲームをものにしないと上にいけない。チャンスは十分にあると感じたので、自分の課題に今後も取り組んでいきたい」と涙ながらに語った。

 このほか、世界チャンピオンの張継科が張禹珍(韓国)に敗れる波乱があった。張継科は団体戦でも張禹珍に敗れており、相性の悪さを感じさせる試合となった。張禹珍は張継科に対して今大会2つ目の金星。バック対バックの展開で張継科に打ち勝つなど、持ち味である強打を発揮した。

 男子シングルス準々決勝は明日の14時(日本時間:16時)から行われる。組み合わせは以下の通り。


<男子シングルス準々決勝>

ホ・カンキ(香港) ー 荘智淵(中華台北)

方博(中国) ー 樊振東(中国)

張禹珍(韓国) ー ウォン・チュンティン(香港)

鄭榮植(韓国) ー 許昕(中国)


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。
 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事