1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 第22回アジア選手権大会7日目④ 〜樊振東/許昕が男子ダブルスの頂点に!〜

第22回アジア選手権大会7日目④ 〜樊振東/許昕が男子ダブルスの頂点に!〜

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会7日目は男女シングルス、男子ダブルスが行われ、女子シングルスと男子ダブルスでチャンピオンが決まる。男子ダブルス決勝は樊振東/許昕が韓国ペアを破り、頂点をつかんだ。


151002-11.jpg樊振東/許昕が韓国ペアを破り優勝!

151002-12.jpg中国ペアは最後まで安定感が際立った

151002-13.jpg鄭榮植/李尚洙は中国ペアの前にゲームを奪うことができず

 

<男子ダブルス決勝>

樊振東/許昕(中国) 8、7、7、7 鄭榮植/李尚洙(韓国)


 ともに日本ペアに勝って決勝に進出した両組による対戦は中国ペアが正確なプレーで韓国ペアを上回った。第1ゲーム序盤は韓国ペアが低く丁寧なレシーブでリードを広げたが、ラリーになると樊振東/許昕が一歩上をいき、逆転で第1ゲームを制した。続く第2ゲームも中盤までは一進一退の攻防が続いたが、終盤からギアを上げた中国ペアがゲームを連取。鄭榮植/李尚洙は各ゲームともに中国ペアに食らいついていくが、ラリー戦での正確性で中国ペアに劣り、ゲームを奪うことができず。4対0で樊振東/許昕が男子ダブルスの栄冠をつかんだ。


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。
 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事