1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 男子シングルス4回戦 松平健太が敗れる波乱

全日本卓球2016 男子シングルス4回戦 松平健太が敗れる波乱

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会4日目は男子シングルス3〜4回戦、女子シングルス3〜4回戦、男子ダブルス3〜4回戦、女子ダブルス3〜4回戦、混合ダブルス準決勝〜決勝、ジュニア男子準決勝〜決勝、ジュニア女子準決勝〜決勝が行われる。男子シングルス4回戦はスーパーシードの選手たちが登場。各選手が順当に勝ち上がりを見せる中、世界卓球2016クアラルンプールの日本代表に内定している松平健太(JTB)が敗れる波乱があった。

松平は上村の攻勢の前に4回戦敗退となった
昨年2位の神(写真手前)も敗れる
注目を集めた一戦は丹羽が張本を完封
張本は丹羽に食らいつく場面も見られたが及ばなかった
王者・水谷は宇田を破って5回戦進出
吉村はカット主戦型の英田に勝利

 松平は上村(早稲田大)と対戦。左利きの上村がワイドに打ち分け、松平を揺さぶって得点を重ねる一方で、松平もそれに応戦しようとブロックやカウンターで得点を挙げた。両者ともに一歩も引かない展開が続き、最終ゲームまでもつれたが、最後は上村の攻撃的な姿勢が勝利を呼び込み死闘を制した。松平は上村の果敢なプレーを崩すことができず、まさかの4回戦敗退となった。
 また、昨年2位の神(シチズン)が柴田(フジ)に敗れるなど多くの波乱が起こった4回戦。高木和(東京アート)、水野(東京アート)、時吉(ZEOS)らも敗れるなど、激しい戦いが繰り広げられた。
 一方、注目を集めた丹羽(明治大)対張本(仙台ジュニアクラブ)の一戦は丹羽が4対0で完勝。サービスで張本を崩して第1ゲームを11-1で奪うと、第2ゲーム以降も中陣からの打ち合いで圧倒し、ストレートで勝利。5回戦進出を果たした。
 このほか、3年連続8度目の優勝を狙う水谷(beacon.LAB)や吉村真晴(愛知工業大)、大島(早稲田大)といった優勝候補の選手たちが5回戦へと駒を進めた。

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事