1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 女子シングルス4回戦 昨年2位の森薗ら、シード選手が相次いで敗戦

全日本卓球2016 女子シングルス4回戦 昨年2位の森薗ら、シード選手が相次いで敗戦

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会4日目は男子シングルス3〜4回戦、女子シングルス3〜4回戦、男子ダブルス3〜4回戦、女子ダブルス3〜4回戦、混合ダブルス準決勝〜決勝、ジュニア男子準決勝〜決勝、ジュニア女子準決勝〜決勝が行われる。女子シングルス4回戦にもスーパーシードの選手たちが出場。女子シングルス4回戦では石川(全農)、福原(ANA)らが勝ち進んだが、昨年2位と躍進を遂げた森薗(日立化成)が敗れる波乱があった。

 

森薗は3ゲームをリードしながらもまさかの逆転負け
 
石川は5回戦進出を決めた
 
落ち着いたプレーで5回戦へ駒を進めた福原
 
上位進出が予想される伊藤も勝ち進む
 

 森薗は平野(オークワ)と対戦。サービスからの展開がよく、立て続けに3ゲームを連取したが、その後、4ゲームを連取されて逆転負けとなった。試合後、森薗は「調子が良くなかったので、それを補うためにも戦術を立てて試合に臨みました。3ゲームを連取できましたが、ゲーム中盤から相手のボールが入り出して不安がよぎりました」と、自身の中の不安がプレーに影響を及ぼしたことを口にした。
 このほかにもスーパーシードでは、河村(アスモ)、酒井(ミキハウス)、松本(サンリツ)、松平(ミキハウス)、野中(筑波大ユース)、土田美佳(中国電力)、丹羽(淑徳大)、森薗美月(サンリツ)が敗れ、波乱続出の4回戦となった。
 一方、石川、福原、伊藤(スターツSC)ら大会前から上位進出が予想される選手は順当に5回戦へと駒を進めた。

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事