1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 ジュニア男子準決勝 緒方が張本に勝利して決勝進出

全日本卓球2016 ジュニア男子準決勝 緒方が張本に勝利して決勝進出

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会4日目は男子シングルス3〜4回戦、女子シングルス3〜4回戦、男子ダブルス3〜4回戦、女子ダブルス3〜4回戦、混合ダブルス準決勝〜決勝、ジュニア男子準決勝〜決勝、ジュニア女子準決勝〜決勝が行われる。ジュニア男子準決勝では、緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)が張本(仙台ジュニアクラブ)に勝利して決勝進出を果たした。

 

緒方は張本の持ち味を封じ込めて決勝進出
 
張本は緒方の巧みなプレーの前に敗れた
 
木造は0対2からの逆転勝利
 
伊丹はリードを守り切ることができなかった
 

 緒方対張本による一戦はともに国際大会に出場するなど、お互いのことを知っている2人による対戦。第1ゲームは張本の攻撃に対して距離をとって回転量の多いドライブで打ち返すなど、うまさを見せた緒方が先取した。緒方にペースを握られた張本だったが、第2ゲームは中盤で連続得点を奪うなど、ゲームを優位に進めた。しかし、点差が離れても落ち着いたプレーを続けた緒方がこのゲームも逆転で奪った。張本はここから巻き返したい所だったが、バックハンドのカウンターなど張本の持ち味を消した緒方が第3ゲームも優位に進めてストレートで勝利。決勝進出を果たした。

 一方、昨年に続いて衝撃的なプレーで観客を沸かせ、快進撃を続けた張本の挑戦はベスト4で終焉を迎えた。
 試合後、張本は「1ゲーム目の出足が悪く、2ゲーム目のリードしたところから逆転されてしまって悔しいです。しかし、今年は去年より一つ上に進むことができ、年上の選手とのパワーの差を縮められたと思います。来年のジュニアでは絶対優勝したいと思います」と、来年の優勝を誓った。
 もう一方の準決勝では木造(愛工大名電高)が伊丹(野田学園高)とのフルゲームの激闘を制して決勝に進出。2ゲームをとられてから、追いつくと、最終ゲームは0-5の劣勢から逆転し、勝利をつかんだ。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事