1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン2日目⑦ 【21歳以下女子】加藤、浜本、早田がベスト4に進出

ジャパンオープン2日目⑦ 【21歳以下女子】加藤、浜本、早田がベスト4に進出

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会2日目は21歳以下男女シングルス2回戦〜準決勝、男子シングルス予選トーナメント2〜3回戦、女子シングルス予選トーナメント2回戦、男女ダブルス1回戦が行われる。21歳以下女子シングルス準々決勝では加藤美優(礼武道場)、浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)、早田ひな(希望が丘高)の日本の3選手が準決勝進出を決めた。
 
加藤は阿部の変化をつけたプレーに対応し、勝利を収めた

打ち合いで勝つなど、両ハンドの精度の高さが光った浜本

早田は質の高いドライブで橋本のカットを打ち破った


 加藤はシェーク異質型の阿部愛莉(早稲田大)と対戦。序盤から阿部の異質ラバーを生かしたプレーに対応すると、好機では確実に得点を決める決定力の高さも光り、3対0で勝利。ベスト4進出を果たした。
 浜本は崔孝珠(韓国)と対戦。崔孝珠の両コーナーを突いたワイドなプレーに苦しむ場面もあったが、競った場面で精度の高いプレーを見せた浜本が相手を上回り、ストレート勝ち。終始落ち着いたプレーで次ラウンドへと駒を進めた。

 早田は橋本帆乃香(四天王寺高)に3対1で勝利。1ゲームを先取された早田だが、第2ゲーム以降は、威力のあるドライブで試合の主導権を握ると、最後まで攻撃的な姿勢を崩さずにベスト4への切符を手にした。打球点の早い攻撃を確実に決めるなど、精度の高いプレーが光った。

 


<21歳以下女子シングルス準々決勝>
加藤美優(礼武道場) 4,8,6 阿部愛莉(早稲田大)
ツォン・ジエン(シンガポール) -5,10,-12,5,10 前田美優(日本生命)
浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園) 10,7,8 崔孝珠(韓国)
早田ひな(希望が丘高) -10,8,4,6 橋本帆乃香(四天王寺高)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事