1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン2日目⑧ 【男子シングルス】日本の6選手が決勝トーナメントへ

ジャパンオープン2日目⑧ 【男子シングルス】日本の6選手が決勝トーナメントへ

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会2日目は21歳以下男女シングルス2回戦〜準決勝、男子シングルス予選トーナメント2〜3回戦、女子シングルス予選トーナメント2回戦、男女ダブルス1回戦が行われる。16時から行われた男子シングルス予選トーナメント3回戦(決勝トーナメント進出決定戦)では、日本の6選手が決勝トーナメント進出を決めた。
 
松平健太は0対3の劣勢から、渾身のプレーで逆転勝ち

大島は張本との注目の一戦を制して決勝トーナメントへ

高木和はラリー戦で強さを見せて逆転勝利

塩野は観客を沸かせるプレーの連続で見事、逆転勝ち



 ウラソフ(ロシア)と対戦した松平健太(JTB)は序盤から相手にペースを握られる苦しい展開が続き、0対3と劣勢に立たされた。しかし、第4ゲームのジュースの接戦をものにすると、中盤以降は持ち味のバックハンドに安定感が出始めて試合の流れを引き寄せた。相手の粘りに苦しみながらも、渾身のプレーで見事逆転勝利を収めて決勝トーナメント進出を果たした。
 多くの注目を集めた大島祐哉(ファースト)と張本智和(JOCエリートアカデミー)の一戦は大島が4対1で勝利。張本は第1ゲームのジュースをものにしたものの第2ゲーム以降は大島のフットワークを生かした攻撃を防ぎきれず、決勝トーナメント進出とはならなかった。

 高木和卓(東京アート)はデサイー(インド)に逆転勝ち。試合中盤以降は得意とするラリー戦で相手をリードして、4対2で勝利を手にした。塩野真人(東京アート)はジェレル(スウェーデン)に気迫のプレーで勝利。観客を沸かせる粘り強いプレーで、白星を挙げた。このほか、村松雄斗(東京アート)、神巧也(シチズン)が勝利を収めて決勝トーナメント進出を果たした。

 


<男子シングルス予選トーナメント3回戦(日本選手関係)>
松平健太(JTB) -4,-7,-12,10,6,7,6 ウラソフ(ロシア)
高木和卓(東京アート) -11,-5,7,5,5,3 デサイー(インド)
村松雄斗(東京アート) 7,9,-10,4,8 ルベッソン(フランス)
大島祐哉(ファースト) -10,8,3,9,8 張本智和(JOCエリートアカデミー)
塩野真人(東京アート) -8,18,8,-7,6,4 ジェレル(スウェーデン)
神巧也(シチズン) 6,-6,7,6,-6,8 松平賢二(協和発酵キリン)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事