1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン3日目⑥ 【男子シングルス】水谷が吉村を破りベスト8進出

ジャパンオープン3日目⑥ 【男子シングルス】水谷が吉村を破りベスト8進出

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会3日目は男女シングルス1〜2回戦、男女ダブルス準々決勝、21歳以下男女シングルス決勝が行われる。男子シングルス2回戦では、水谷隼(beacon.LAB)と吉村真晴(名古屋ダイハツ)が対戦。水谷が競り合いをものにして、準々決勝進出を決めた。
 
水谷が勝負どころを締めて吉村に勝利

許昕は方博との同士打ちを制して準々決勝進出

黄鎮廷は李尚洙に完勝でベスト8入り


 男子シングルス2回戦では水谷対吉村という会場の注目を集める一戦が行われた。日本代表としてともに戦い、互いの手の内を知る2人による対戦は、水谷が第1ゲームを先制。ミスがほとんどない水谷に対して吉村は威力のある攻撃で対抗するが、精度を欠く場面が見られて先制点を許した。続く第2ゲームも水谷がペースを握る展開が続く。吉村は中陣からのドライブで巻き返すなど、粘りを見せたが水谷を崩すまでには至らず。ゲームを連取された。迎えた第3ゲームは互いに譲らない展開となる。第2ゲームまでミスが目立った吉村だがこのゲームでは、水谷を体勢を崩す威力のあるバックハンドドライブが光った。競った場面でもドライブで積極的に攻めて、12-10でゲームを取り返した。第4ゲームも点差が離れない緊迫した展開が続いたが、吉村の強打に対して水谷が対応するなど、水谷が勝負強さを発揮して16-14でゲームを取った。迎えた第5ゲームも競り合いとなったが、「勝負どころでは絶対に得点を許さない」という強い気迫が見えた水谷が11-9で勝利。経験で上回る水谷が吉村とのオリンピック日本代表対決を制し、準々決勝を果たした。
 水谷のほか、馬龍、許昕、張継科、樊振東の中国選手や黄鎮廷(香港)らがベスト8進出を決めている。


<男子シングルス2回戦(日本選手関係)>
水谷隼(beacon.LAB)5,8,-10,14,9 吉村真晴(名古屋ダイハツ)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事