1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン4日目①【男子ダブルス】荘智淵/黄聖盛がブラジルペアを破り決勝進出

ジャパンオープン4日目①【男子ダブルス】荘智淵/黄聖盛がブラジルペアを破り決勝進出

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会4日目は男女シングルス準々決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。男子ダブルス準決勝第1試合は荘智淵/黄聖盛(中華台北)がカルデラーノ/ツボイ(ブラジル)を破り、決勝進出を決めた。
 
連係の良さを見せた中華台北ペアが決勝進出

ブラジルペアは競った場面でのミスが響き、準決勝敗退


<男子ダブルス準決勝>
荘智淵/黄聖盛(中華台北) 2,13,-6,8 カルデラーノ/ツボイ(ブラジル)
 

 男子ダブルスの第1試合は荘智淵/黄聖盛がカルデラーノ/ツボイを精度の高いプレーで上回り、決勝進出を決めた。
 第1ゲーム、中華台北ペアはラリー戦に強いカルデラーノ/ツボイに対して丁寧なストップと相手のミドルを突く攻撃でゲームをリード。相手の長所を消すプレーが光り、第1ゲームを11-2で奪った。
 続く第2ゲームは、ブラジルペアが序盤でリードを広げた。台上のストップに対してフリックで先手を取るなど、積極的なプレーでゲームを優位に進めた。しかし、中盤で台上プレーにミスが出始め、中華台北ペアが点差を詰める。ラリー戦に強いブラジルペアに対しても精度の高いプレーで食らいつくなど、逆転。ジュースからは黄聖盛がカウンタードライブを決めるなど、好プレーを見せて15-13で2ゲームを連取した。
 後がなくなったブラジルペアだが、第3ゲームは長いサービスからラリー戦に持ち込み、スタートダッシュに成功。最後までそのリードを保って11-6でこのゲームを取り返した。
 第4ゲームもブラジルペアが序盤で5-1とリードを広げるが、中盤の好ラリーを制して中華台北ペアが流れをつかむと、形成は逆転。ブラジルペアは食い下がりたいところだったが大事な場面でミスが出るなど、勝利には至らず。11-8で中華台北ペアがこのゲームを制して決勝進出を決めた。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事