1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン最終日⑦【男子ダブルス】馬龍/許昕が中華台北ペアをストレートで下して優勝

ジャパンオープン最終日⑦【男子ダブルス】馬龍/許昕が中華台北ペアをストレートで下して優勝

19時から行われた男子ダブルス決勝では、馬龍/許昕(中国)が荘智淵/黄聖盛(中華台北)にストレートで勝利。ゲーム全体を通して精度の高いプレーを見せて、ダブルスチャンピオンに輝いた。
 
馬龍/許昕は厳しいプレーの連続で中華台北ペアを圧倒

荘智淵/黄聖盛は流れをつかめず、あえなく敗戦


<男子ダブルス決勝>
馬龍/許昕(中国) 4,7,4 荘智淵/黄聖盛(中華台北)
 

 ここまで鄭榮植/李尚洙(韓国)の強豪ペアを破るなど、連係の高さが光るプレーで決勝へと駒を進めた荘智淵/黄聖盛。対する馬龍/許昕は準決勝で樊振東/張継科(中国)をゲームオールの末に下して決勝進出を決めた。
 台上がうまい中国ペアに対して荘智淵/黄聖盛がどこまで迫れるかが注目されたこの試合。第1ゲームは中国ペアの精度の高いストップレシーブに対して中華台北ペアのストップが甘くなってしまい、強打される展開が多く見られた。中華台北ペアは出足こそリードしたが、馬龍/許昕の厳しい攻めの前に活路を見いだすことができず、4-11で第1ゲームを落とした。
 第2ゲームは中華台北ペアが中国ペアに食い下がる。荘智淵が厳しいコースを突いたドライブで得点を挙げるなど、6-5とリードを奪った。しかし大きなラリー戦に持ち込まれると、馬龍/許昕の強打を止めることができず。中国ペアを相手に押し込む場面もあったがゲームを奪うまでには至らなかった。
第3ゲームは中国ペアがスタートからリードを広げた。中華台北ペアは巻き返しを図ったが、ラリー戦で打ち勝つことができず4-11で敗戦。馬龍/許昕は中華台北ペアを相手に、隙のないプレーで終始圧倒。ラリー戦でのドライブの精度、台上での丁寧なレシーブと一つ一つの技術の高さを見せて王座を手にした。
   


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事