1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ2日目④ 激戦の連続が続いた男子学校対抗2回戦

総社インターハイ2日目④ 激戦の連続が続いた男子学校対抗2回戦

男子学校対抗2回戦では愛工大名電(愛知)、野田学園(山口)、遊学館(石川)、瓊浦(長崎)の4シードが登場し、順当に勝利を収めた。このほか、上位進出が予想される希望が丘(福岡)、明徳義塾(高知)は0対2と厳しい状況から薄氷の勝利を収め、ベスト16進出を果たした。

 

150810-01.jpg愛工大名電は安定した戦いで16強入り
 
15081001-02.jpg野田学園は悲願の初優勝を目指す
 
15081001-03.jpg出雲(右)らを中心に頂点を狙う遊学館

15081001-02.jpg瓊浦は苦しみながらも日南学園に勝利
 
15081001-04.jpg希望が丘は0対2から薄氷の勝利を収めた

15081001-04.jpg明徳義塾は後半で巻き返し、16強進出を果たした

 王者・青森山田の後に、新たに王座をつかむのはどの高校になるのか。注目が集まる男子学校対抗では2回戦からシード校が登場した。

 第1シードの愛工大名電は北科大(北海道)と対戦。1番でキャプテンの松山が確実に勝利すると、2番の高見も勝利。3番の松山/木造のダブルスは、キレのあるドライブで得点を重ね、勝利。昨年、主力として戦った選手が多く残るだけに、今大会は是が非でもインターハイのタイトルを獲得したいところだろう。

 その愛工大名電に昨年、準決勝で勝利した野田学園(山口)は悲願のインターハイ制覇を狙う。2回戦では埼玉栄(埼玉)と対戦し、3対0で勝利。沼村が単複で2点を挙げてチームを勝利へと導いた。

 出雲、五十嵐らが柱となる遊学館は専大北上(岩手)にストレート勝ち。4シードの実力を見せて、ベスト16入りを決めた。

 昨年初のベスト4進出を果たした瓊浦は2回戦で日南学園(宮崎)と対戦。苦しい戦いを強いられたが、1対1で迎えた要のダブルスを中ノ瀬/田中侑がゲームオールの末にものにしたことが大きく、3対2で勝利して次ラウンド進出を決めた。

 このほか、上位進出が有力とされている希望が丘と明徳義塾も苦境から逆転勝ち。希望が丘は日本航空(山梨)に0対2とされながらも、ダブルスを奪うと、弓取、蛭田が取って勝利を収めた。明徳義塾も前半で0対2とされたが、後半で地力を見せて開志国際(新潟)に逆転勝利。苦しみながらも16強入りを果たした。

 男子学校対抗は大会3日目の明日、3回戦と4回戦(準々決勝)が行われ、ベスト4が決定する。

●男子学校対抗のトーナメントは下記の通りとなっています

男子学校対抗組み合わせ(PDF)

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事