1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ4日目② 愛工大名電と野田学園が決勝へ

総社インターハイ4日目② 愛工大名電と野田学園が決勝へ

男子学校対抗準決勝2試合が行われ、遊学館に3対1で勝利した愛工大名電と、大阪桐蔭の挑戦を退けた野田学園が決勝に駒を進めた。

 

髙見はトップで出雲を破り貴重な先制点を挙げる
 
出雲/五十嵐のダブルスは渾身のプレーで1点を返すが……
 
松山がキャプテン対決を制して決勝進出を決めた
 

 愛工大名電 3-1 遊学館
○髙見 9,7,-7,11 出雲
○木造 8,6,-10,7 三上
 松山/木造 5,-8,-6,8,-10 出雲/五十嵐
○松山 -8,8,10,9 村田
 田中 ー 五十嵐

 優勝を目指す両校が準決勝で対決。前半にエースを投入した両校だが、トップで出雲が髙見のパワープレーに押されて、手痛い失点。名電木造は質の高いループドライブ、カウンターで三上を退け、愛工大名電が2対0とリーチ。直前の大会でも勝っているという出雲/五十嵐がゲームオールジュースを制して一矢報いたが、2台進行で行われた4番、5番は5番が先にフィニッシュ。1年生の田中が切れのあるプレーで五十嵐をストレートで下した。4番は村田が前陣カウンターで下がってプレーする松山から1ゲームを先行したが、松山は大きなフットワークで粘り強くプレーし、接戦を物にして決勝点を挙げた。

■遊学館植木監督のコメント
「オーダー的にはうまくいったと思いましたが……。中部日本選手権大会で出雲/五十嵐が松山/木造に勝っていたので、前半で1点は取りたかったんですけど、それが取れなかったのが痛いですね。思ったより田中君が強かったというのも計算外でした。出雲は今大会ずっとプレッシャーに負けてて彼らしさがないので、昨日もミーティングでもお湯につかりながらも話したんですが、やはり彼が取ってくれないと厳しいですね。ただ、シングルスは優勝狙えると思うので頑張ってもらいたいです。
これからの目標はもちろん日本一です。一回くらいは名電さんに勝って優勝旗を北陸に持ち帰りたいですね」

 

トップで沼村が切れのあるプレーでストレート勝ち
 
竹﨑は粘りのカットでタフな試合を制した
 
「来年はもっといい試合ができる」と大阪桐蔭の山岡監督
 


 野田学園 3-0 大阪桐蔭
○沼村 7,8,7 菅沼
○竹﨑 -5,9,6,10 中野
○伊丹/沼村 3,4,4 菅沼/上村
 伊丹 - 上村
 遠藤 - 石脇

 野田学園のトップバッターは沼村、対する大阪桐蔭はエースの菅沼を投入。沼村は鋭い両ハンドでワイドに攻めてストレートで先制。竹﨑は第1ゲームを落としたものの、持ち前の粘り強さで中野の連打に食らいついてペースを崩し、3ゲーム連取。貴重な追加点を得た野田学園が決勝進出に王手。
ダブルスも野田学園ペアが勢いのあるプレーで、決定力のある両ハンドドライブで得点を重ね、夏の初タイトルに向かってまた1つ駒を進めた。

■大阪桐蔭山岡監督のコメント
「経験の差が出たと感じます。細かいところでの技術の差もありました。オーダーは予想通りだったので、練習通りやればいいということで送り出しましたが、なかなかあの舞台で緊張感が取れなかったようです。菅沼はどんな試合でも一生懸命やる選手なので、その気持ちは持ちながらもっと大きい卓球というかどんな選手にも対応できる選手に育てたいと思います。うちはほとんど1,2年生のチームなので、鍛え直して来年またこの舞台に立てれば、今年とは違う試合ができるかなと思います」


●男女学校対抗の勝ち上がりは下記の通りとなっています
男女学校対抗勝ち上がり(PDF)



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

 

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事