1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ5日目④ 女子シングルスの8強が決まる

総社インターハイ5日目④ 女子シングルスの8強が決まる

大会5日目は、女子シングルス2〜5回戦が行われ、8強進出者が決まった。ベスト8には四天王寺勢が3選手残ったほか、第2シードの早田(希望が丘)ら、シード選手が順当に勝ち上がった。
 

三冠王を目指す橋本はここまで抜群の安定感を見せている
 
枝松は地元・岡山で準々決勝進出を果たした
 
昨年に続き、ベスト8に勝ち残った山本
 
木村は接戦をものにして勝ち上がった
 
団体戦でも活躍した梅村が8強入り
 
馬場は気迫を前面に出した力強いプレーが光る
 
5回戦で塩見真希(四天王寺)との接戦を制した笹尾
 
早田は勝負どころで強さを発揮してベスト8に進出
 

<女子シングルス5回戦>
橋本(四天王寺)4−0 森本(白子)
枝松(山陽女子)4−0 小脇(明徳義塾)
山本(福井商業)4−0 岡崎(川口総合)
木村(四天王寺)4−3 木村(山陽女子)
梅村(四天王寺)4−0 李欣然 (中村学園女)
馬場(芦屋学園)4−0 青木(福井商業)
笹尾(横浜隼人)4−2 塩見真希(四天王寺)
早田(希望が丘)4−0 三村(明徳義塾)

 女子シングルス2〜5回戦ではシード選手強さを見せて準々決勝進出を決めた。四天王寺勢は橋本、木村、梅村の3選手がベスト8に進出。昨年2位で第1シードの橋本は、ここまで落としたゲームは0と安定したプレーで勝ち進んでいる。1年生ながら第2シードの早田は初戦となった2回戦からゲームを落とすなど、苦しい試合が続くが勝負どころを締めて8強入り。枝松(山陽女子)は地元・岡山で初の準々決勝進出を果たした。5回戦で塩見真希(四天王寺)と対戦した笹尾(横浜隼人)は3対0とリードした展開から2ゲームを奪われるも、塩見を振り切ってベスト8進出を決めた。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。
橋本(四天王寺) ー 枝松(山陽女子)
山本(福井商業) ー 木村(四天王寺)
梅村(四天王寺) ー 馬場(芦屋学園)
笹尾(横浜隼人) ー 早田(希望が丘)

 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事