1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全日本選手権大会(カデットの部)〜14歳以下は張本と長﨑、13歳以下は濱田と木原が優勝〜

全日本選手権大会(カデットの部)〜14歳以下は張本と長﨑、13歳以下は濱田と木原が優勝〜

平成28年11月19~21日まで平成28年度全日本選手権大会(カデットの部)が山梨県の小瀬スポーツ公園体育館で開催された。カテゴリーを13歳と14歳にわけて行われ各種目で白熱した試合が繰り広げられた。

【14歳以下男子シングルス】 張本が強さを見せつけ圧勝!!
張本は全試合ストレート勝ちと圧倒的な強さを見せた

14歳以下男子シングルス入賞者

14歳以下男子シングルスは張本(JOCエリートアカデミー)が全試合ストレート勝ちで圧勝した。張本は試合後「今回はチキータが効いて、ブロックも良くて点数が取れたのは良かったです」と語った。2位は曽根(愛工大附属中)、3位には松田(野田学園中)、小林(愛工大附属中)が入った。

【14歳以下女子シングルス】長﨑が全中に続きカデットを制する
好機を確実に決めた長﨑がカデットチャンピオンをつかむ

14歳以下女子シングルス入賞者

14歳以下女子シングルスは長﨑(JOCエリートアカデミー)が全中に続きカデットも制した。決勝は全中の準決勝でも対戦したカットの相馬(新発田ジュニア)。粘り強くつなぎチャンスボールを見逃さず決めた。「去年はベスト16で敗れて悔しかったので今年は絶対優勝するという強い気持ちで臨みました」と長﨑。 2位は相馬、3位は本井(YHGアスリートクラブ)、門阪(浜松修学舎中)が入った。

【13歳以下男子シングルス】濱田が強気で攻め抜いて優勝を決める
強気の連続攻撃で頂点に立った濱田

13歳以下男子シングルス入賞者

13歳以下男子シングルスは濱田(高知大学附属中学校)が強気の連続攻撃を展開し優勝をつかんだ。「今回は足を使ってフォアハンドで動き切れたことが良かったです」と濱田。苦しい場面も何度もあったが諦めない粘りのプレーが逆転勝利を呼び込んだ。2位には鈴木(鈴木卓球)、3位は田原(明豊中)、徳田(伊予つばさJr)が入った。

【13歳以下女子シングルス】小学生の木原が危なげなく優勝!!
精度の高い両ハンドで連覇を達成した木原

13歳以下女子シングルス入賞者

13歳以下女子シングルスは小学生の木原(ALL STAR)がミスの少ない両ハンドプレーで危なげなく優勝を果たした。「優勝できてうれしいです。今回は技術も全体的に良くて調子が良かったです」と木原。2位は中森(ミキハウスJSC)、3位は菅澤(ミキハウスJSC)と横井(O.T.T.C)が入った。

【男子ダブルス】愛工大附属中がベスト4を独占!!
横谷(右)/篠塚は息のあったプレーで王座を手にした

男子ダブルス入賞者
 
男子ダブルスは愛工大附属中がベスト4を独占。その中で横谷・篠塚が息のあった連続攻撃を見せて優勝を決めた。

【女子ダブルス】大川・中森(ミキハウスJSC)が優勝
連係の良さを見せて、頂点をつかんだ大川(左)/中森

女子ダブルス入賞者
 
女子ダブルスは大川・中森(ミキハウスJSC)が優勝を果たした。中森がコースを突いてチャンスをつくり、大川が決めるパターンが良かった。

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/

今大会の模様は卓球レポート1月号(12/20発売)に掲載。
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事