1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 世界ジュニア
  5. 2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会6日目① 男子単1回戦

2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会6日目① 男子単1回戦

大会6日目は、男女ダブルスの予選トーナメント〜決勝トーナメント1〜2回戦、男女シングルスの1回戦、混合ダブルスの3回戦〜準々決勝が行われる。男子シングルスは日本の4選手が出場し、張本、木造、龍崎の3選手が2回戦進出を決めた。
 

「第1シードのプレッシャーはない」という張本が着実に1回戦突破

木造は団体戦で敗れた因縁の相手にリベンジ

龍崎は世界ジュニア初勝利を挙げた

松山は善戦するも1回戦で中国の壁に阻まれた

 

<男子シングルス1回戦(日本選手関係)>
張本 5,-9,3,4,-7,5 ピエラルト(ベルギー)
木造 8,4,4,-4,7 クロス(チェコ)
于何一(中国) 8,-6,-6,-4,7,-5 松山
龍崎 -6,6,8,8,6 イボニン(ロシア)

日本男子は、松山が予選2位通過となり、4選手が決勝トーナメント1回戦に登場。
第1シードの張本は、両ハンドの強いピエラルトに反撃を受ける場面もあったが、要所で精度の高いフォアハンドで攻めて4対2。
木造は予選で敗れている因縁の相手との対戦となったが、十分に準備ができており、序盤から危なげのない試合運びで、4対1とリベンジを果たした。
松山は1回戦が中国選手との対戦となったが「世界ジュニアに来たからには中国選手を倒さなければ意味がない」という意気込みで臨んだが、第1ゲームを取るも、相手の多彩な戦術変更に対応しきれずに、団体戦優勝の立役者が1回戦で姿を消した。
団体戦で0勝1敗と悔しい思いをした龍崎は、第1ゲームこそは固さの見られたものの、攻撃的なチキータレシーブからの展開で4ゲーム連取し、2回戦進出を決めた。




卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事