1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー
  5. 2016ワールドツアー・グランドファイナル3日目⑥ 加藤、早田、浜本が準決勝へ

2016ワールドツアー・グランドファイナル3日目⑥ 加藤、早田、浜本が準決勝へ

12月8〜11日までワールドツアー・グランドファイナルがドーハ(カタール)で開催されている。4試合のうち3試合で日本選手が対戦した21歳以下女子シングルス準々決勝は、加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)、早田ひな(希望が丘高)、浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)がベスト4へ勝ち進んだ。


加藤は森をゲームオールの末に破り勝利

前田とのサウスポー対決を制した早田も4強入り

浜本はバック対バックの展開で優位に立ち勝利を収めた

 

<21歳以下女子シングルス準々決勝>
杜凱琹(香港) 7,-7,-16,8,-5,2,5 ツォン・ジエン(シンガポール)
加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部) -7,9,8,-6,5,-12,1 森さくら(日本生命)
早田ひな(希望が丘高) 11,8,12,-8,14 前田美優(日本生命)
浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園) 8,8,3,-9,7 芝田沙季(ミキハウス)

 加藤対森さくら(日本生命)の一戦はキレのあるツッツキからラリーを組み立てる森に対して、加藤がバックブロックで的確に対応するプレーが光り、ゲームオールの末に勝利。世界ジュニアのシングルスでベスト4に入賞した加藤がこの大会でも準決勝進出を決めた。
 早田対前田美優(日本生命)のサウスポー対決は回転量の多いバックハンドドライブでゲームの主導権を握った早田が勝利。前田は積極的な攻撃を見せるも早田にかわされてしまい、勝利ならず。早田は世界ジュニアから連戦が続くが、接戦での強さを見せて次ラウンドへと駒を進めた。
 浜本対芝田沙季(ミキハウス)は浜本がサービスからの展開で優位に立ち、4対1で勝利。フォアハンドドライブの威力がある芝田に対して、バック対バックのラリーに持ち込んで試合の主導権を握った。敗れた芝田は1ゲームを奪って一矢報いたが、勝利には至らなかった。
 日本の3選手のほか、香港の杜凱琹がベスト4に進出。準決勝は日本時間の25時から行われる予定だ。
 


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事