1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー
  5. 2016ワールドツアー・グランドファイナル3日目⑩ 早田がU21の決勝へと進む

2016ワールドツアー・グランドファイナル3日目⑩ 早田がU21の決勝へと進む

12月8〜11日までワールドツアー・グランドファイナルがドーハ(カタール)で開催されている。21歳以下女子シングルス準決勝では、早田ひな(希望が丘高)が浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)に勝利して決勝進出を果たした。加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)は杜凱琹(香港)とゲームオールの熱戦を繰り広げたが、惜しくも敗れた。


早田が軽快なプレーで浜本との接戦を制した

浜本は前陣でのプレーで2ゲームを奪うもわずかに及ばず

ゲームオールの激闘の末に準決勝敗退となった加藤

 

<21歳以下女子シングルス準決勝>
杜凱琹(香港) 7,-9,-5,3,-5,8,6 加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)
早田ひな(希望が丘高) 9,2,-6,7,-7,9 浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)

 ダブルスのペアでもある早田対浜本の一戦は、早田がレシーブからの積極的な攻撃で2ゲームを連取。世界ジュニアからの連戦の影響で疲労が重なっている早田だが、この試合では前後左右にキレのある動きを見せて両ハンドドライブを打ち込んでいった。試合全体を通して、ブロックで左右に揺さぶられるケースが多かったが、フットワークの良さでカバーしてドライブをねじ込み、4対2で勝利を収めた。
 浜本は、早田の厳しいレシーブに対してさまざまなサービスを織り交ぜて第3、第5ゲームを奪ったが、最後まで攻撃的な姿勢を貫いた早田を止めることができなかった。

 加藤は香港代表として世界卓球にも出場している杜凱琹と対戦。バック対バックの展開からフォアサイドをうまく突いて得点するなど、巧みなプレーで互角の勝負を繰り広げる加藤。対する杜凱琹はコースが甘くなったら、フォアハンドで回り込んで強打を打ちこむなど、粘り強くラリーを展開した。両者互いに一歩も譲らない試合は最終ゲームまでもつれたが、ラリーの中で加藤の甘くなった返球を見逃さずに強打を決めた杜凱琹が勝利。
 加藤は試合全体を通してよく動けていたが、最終ゲームは競った場面でチャンスボールを決めきれないなど、わずかなミスが響いて決勝進出を逃した。
 


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事