1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 ジュニア男子最年少の徳田は惜敗

全日本卓球2017 ジュニア男子最年少の徳田は惜敗

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催される。大会初日は混合ダブルス、ジュニア男女の1回戦が行われている。ジュニア男子1回戦には今大会最年少の徳田幹太(伊予つばさジュニア)がゲームオールの接戦を繰り広げたが、惜しくも1回戦突破とはならなかった。


 徳田はサービスが効果的に決まり、野﨑佑太(杜若高)を2対1とリードしたが、最後は野﨑にラリー戦で打ち負けて惜しくも1回戦突破とはならなかった。
 このほか、昨年の全中、インターハイを制した愛工大附属中、愛工大名電高の選手らも登場。2015年全日本カデット13歳以下準優勝の小林広夢(愛工大附属中)らが2回戦進出を決めた。

 

徳田はサービスからの3球目攻撃が光った
 
リードする展開もあった徳田だが、野﨑に競り負けた
 
愛工大附属勢は小林らが2回戦に進出
 

 


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事