1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 ジュニア男子4回戦で出雲が敗れる波乱

全日本卓球2017 ジュニア男子4回戦で出雲が敗れる波乱

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア男子4回戦では張本智和(JOCエリートアカデミー)、木造勇人(愛工大名電高)ら上位進出が予想される選手が勝利して16強入りを決めた。一方 、昨年ベスト8の出雲卓斗(遊学館高)が田中虹太朗(東山高)に敗れる波乱があった。
 

 張本は西村星哉(浜松修学舎高)と対戦。張本は序盤から変化をつけたサービスと簡単に3球目攻撃を打たせない厳しいレシーブで西村をリード。相手の甘い返球に対しては、バックハンドドライブで両サイドを打ち抜くなど、付け入る隙を与えないプレーで3対0で勝利を収めた。張本と対戦した西村は「張本選手はサービス・レシーブが良かった。パワー勝負に持っていけませんでした」と試合を振り返った。

 このほか、前年度王者の木造は松下竜巳(野田学園高)に3対0で勝利。キレのある両ハンドドライブで、16強入りを決めた。実力者が着実に勝ち進む一方、昨年ベスト8で全中王者でもある出雲が敗れる波乱があった。出雲はゲームカウント2対1とリードをするも、第4ゲームをジュースの末に落とすと、最終ゲームは田中のアグレッシブな攻撃に対して守勢に回るケースが多くなり、敗戦を喫した。「最後のジュニアで緊張してしまい、自分のプレーができませんでした。上位にいきたいという思いがありましたが受け身になってしまいました。序盤で自分のプレーができないことが多いので、それが今後の課題です」と出雲は語った。一方、金星を挙げた田中は「相手の方が格上だと思っていたので、相手の予測を外すような奇襲攻撃でいこうと考えていました。そこが勝因だと思います」と試合を振り返った。

 

張本は付け入る隙を与えないプレーで16強入り
 
前年度王者の木造も次ラウンドへと駒を進めた
 
昨年ベスト8の沼村も5回戦進出を決めた
 
上位進出が予想された出雲(奥)は田中に敗れた
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事