1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 木造、沼村、高見、宮本がジュニア男子の準決勝に進出

全日本卓球2017 木造、沼村、高見、宮本がジュニア男子の準決勝に進出

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア男子準々決勝では、第1シードで前年度覇者の木造勇人(愛工大名電高)、張本智和(JOCエリートアカデミー)を破った宮本春樹(愛工大名電高)、高見真己(愛工大名電高)の愛工大名電勢と沼村斉弥(野田学園高)が準決勝進出を果たした。
 

 木造は五十嵐史弥(遊学館高)と対戦。木造は五十嵐の長身を生かしたダイナミックなプレーに対して、中陣からドライブを打ち合うなど、ラリー戦で強さを見せてストレート勝ちを収めた。若干疲れの見える木造だったが、勝負どころをきっちりとおさえる王者らしい戦いぶりでベスト4進出を果たした。
 インターハイ2位の高見は宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)にゲームオールの末に勝利。ゲームカウント1対2とリードを許す展開になったが、両ハンドドライブを丁寧に打ち分けるプレーで逆転勝ち。
 沼村は柏友貴(関西高)にストレート勝ちを収めた。サービス・レシーブで先手を奪ってゲームの主導権を握ると、最後まで流れをわたさず4強入り。昨年は準々決勝で敗れた沼村だが、今大会はここまで安定したプレーを続けて勝ち上がった。準決勝では木造と対戦する。
 宮本は優勝候補筆頭の張本にゲームオールの末に勝利。張本のフォア側を突くなど、徹底した戦術で試合をリードした。張本のチキータを防ぐ丁寧なサービスと打球点の高いドライブで張本を押し込み、見事金星を挙げた。
 

木造は五十嵐とのラリー戦を制して4強入り
 
高見は宇田との打撃戦を制して初の準決勝進出
 
宮本はリスクを恐れないプレーで張本から金星を挙げた
 
沼村は前年度王者の木造に挑む
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事