1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 笹尾、加藤、長﨑、早田が4強入り

全日本卓球2017 笹尾、加藤、長﨑、早田が4強入り

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア女子準々決勝では、優勝候補の早田ひな(希望が丘高)、世界卓球2017デュッセルドルフ日本代表の加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)、全中と全日本カデットを制した長崎美柚(JOCエリートアカデミー)、第1シードの梅村を破った笹尾明日香(横浜隼人高)が4強進出を決めた。
 

 早田は木村光歩(山陽女子高)と対戦。出足から威力のあるドライブを広角に打ち分けて得点を重ねた早田。精度の高いプレーで勝ち上がってきた木村に付け入る隙を与えず、4強入り。昨年は準々決勝で涙をのんだが、今大会では優勝候補筆頭としての重圧がある中、落ち着いたプレーで勝ち上がっている。
 優勝候補の一角の加藤はノーシードから勝ち上がってきた伊藤佑希子(札幌大谷高)にストレート勝ち。サービス・レシーブでゲームの主導権を握ると、甘いボールを確実に仕留めるなど、ミスの少ないプレーで伊藤の挑戦を退けた。
 長﨑は塩見真希(四天王寺高)に3対1で勝利。第1ゲームを奪われた長﨑だったが、第2ゲーム以降はフォア面表ラバーの塩見にきっちりと対応して準決勝進出。準決勝では同じくサウスポーの早田と対戦する。
 インターハイベスト8の笹尾は第1シードの梅村優香を破る金星を挙げた。梅村のブロックに苦しみ1ゲームを先制された笹尾だったが、徐々に強打にミスが減り、梅村を打ち崩した。準決勝では加藤と対戦する。
 

早田は悲願の初優勝を目指す
 
加藤は多彩なサービスで4強入り
 
長﨑は塩見との対決を制して準決勝進出
 
笹尾は第1シードの梅村を破った
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事