1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 混合ダブルスの4強が決定

全日本卓球2017 混合ダブルスの4強が決定

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。混合ダブルスは準々決勝が行われベスト4が決定。連覇を狙う田添/前田(専修大/日本生命)、時吉/藤井(ZEOS/愛媛銀行)、吉村/石川(名古屋ダイハツ)、横山/土田(原田鋼業/中国電力)が準決勝進出を決めた。
 

 田添/前田は田中佑汰/田中千秋に3対1で勝利。田添/前田はこれまでに2度大会を制しており、コンビネーション抜群のプレーで2年連続3度目の優勝を狙う。
 その田添/前田と準決勝で対戦するのが時吉/藤井ペアだ。時吉/藤井は準々決勝で中林/宋(原田鋼業/中国電力)を破った。初出場となるペアだが、コースを突いた攻撃で相手を揺さぶるなど、息のあったプレーで準決勝まで勝ち進んだ。
 吉村/石川は初戦から準々決勝まで1ゲームも落とさない完璧な試合運びで準決勝に進出。吉村、石川ともに威力のある両ハンドドライブを備えており、ラリーの中で劣勢に立たされてもばん回するなど、ペアとしての連係の良さに加えて、それぞれが実力の高さを示して4強入りを果たした。
 その吉村/石川に対する横山/土田ペア。横山/土田は及川/安藤(専修大)の大学生ペアを破って準決勝に進出。横山/土田は2年前の3回戦でも吉村/石川と対戦しており、そのときはゲームオールの末に敗れている。今回はどのような対戦となるのか。明日の準決勝に注目が集まる。
 

2年連続3度目の優勝を狙う田添(右)/前田
 
時吉(右)/藤井は初出場初優勝を目指す
 
吉村(右)/石川は2年ぶりの優勝を狙って準決勝に挑む
 
横山(左)/土田は安定したプレーで4強に進出
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事