1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 張本、岸川らが男子シングルス4回戦に勝ち進む

全日本卓球2017 張本、岸川らが男子シングルス4回戦に勝ち進む

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子シングルス3回戦では注目の張本智和(JOCエリートアカデミー)、岸川聖也(ファースト)らが4回戦へと勝ち進んだ。
 

 昨日、ジュニア男子準々決勝でまさかの敗戦を喫した張本。試合後は失意の表情を見せていたが、この試合ではいつもと変わらない気迫のこもったプレーで中林滉貴(原田鋼業)にストレート勝ちを収めた。この試合では相手に向かっていく姿勢が光った。男子シングルス4回戦では平野友樹(協和発酵キリン)と対戦する。
 岸川は松下大星(愛知工業大)に3対0で勝利。第1、第2ゲームとジュースにもつれる展開となるが、勝負どころでミスをしない接戦での強さを発揮してゲームを連取。第3ゲームもバック対バックでミスを誘うなど、熟練のプレーで松下の挑戦を退けた。岸川は4回戦で松平健太(ホリプロ)と対戦する。このほか、及川瑞基(専修大)は藤村友也(愛知工業大)と対戦。3回戦屈指の好カードといえる試合を制して4回戦進出を決めた。
 一方、今大会での現役引退を表明している小野竜也(協和発酵キリン)は、徳島剛(専修大)に敗れて3回戦敗退。小野は両ハンドで左右に揺さぶり徳島に迫ったが、ラリー戦で一歩及ばなかった。このあと、小野は男子ダブルス3回戦に臨む。
 

張本は気迫のこもったプレーで4回戦へ進出
 
岸川は4回戦で松平健太と対戦
 
及川対藤村の好カードは及川に軍配が上がる
 
小野は徳島の前に敗れて3回戦で姿を消した
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事