1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 吉田海偉、吉村和弘らが男子シングルス3回戦突破

全日本卓球2017 吉田海偉、吉村和弘らが男子シングルス3回戦突破

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子シングルス3回戦では吉田海偉(Global Athlete Project)、吉村和弘(愛知工業大)らが4回戦進出を決めた。
 

 吉田は堀大志(愛知工業大)と対戦 。台から離されてもロビングで相手のミスを誘うなど、巧みな試合運びを見せた。いずれのゲームも接戦となるが、勝負どころをきっちりと抑えるベテランらしい戦いぶりで4回戦に進出を果たした。
 吉村和弘は濱川明史(日鉄住金物流)に3対0で勝利。一発で抜き去るバックハンドドライブを決めるなど、攻撃力の高さで濱川を上回り、次ラウンドへと駒を進めた。このほか、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)、御内健太郎(シチズン)らが4回戦へと勝ち進んだ。
 今大会での引退を表明している久保田隆三(シチズン)は北原大輝(専修大)にゲームオールの接戦の末に敗戦。試合が終わると、久保田は観客席に向かって一礼。ベンチに戻ると、伊藤誠監督と固く握手を交わして、最後のシングルスを終えた。久保田は、17時15分から行われる男子ダブルス4回戦に出場する。
 

吉田は勝負どころをきっちりと抑えて堀に勝利
 
宇田は4回戦で大島と対戦
 
吉村は強烈な両ハンドで濱川を破った
 
御内は安定したカットで4回戦に進出
 
引退を表明している久保田は北原に惜敗
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事