1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 男子シングルス4回戦で大島が宇田に敗れる波乱

全日本卓球2017 男子シングルス4回戦で大島が宇田に敗れる波乱

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子シングルス4回戦では、歴代最多9度目の優勝を狙う水谷隼(beacon.LAB)や松平健太(ホリプロ)が勝利し、5回戦へと駒を進めた。一方、上位進出が予想された大島祐哉(ファースト)は宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)に敗れ、4回戦敗退となった。
 

 水谷は加藤悠二(シチズン)と対戦。大会序盤の戦い方がポイントになると語っていた水谷。第1ゲームを奪われる展開となったが、第2ゲーム以降は相手を寄せ付けない強さで5回戦進出を決めた。
 松平健太は岸川聖也(ファースト)にフルゲームの末に勝利。お互いに手の内を知っている2人の戦いは熾烈なものとなったが、松平が岸川のドライブに対して驚異的な反応でブロックするなど、最終ゲーム8-10の劣勢をひっくり返して5回戦進出を果たした。
 世界卓球2016クアラルンプールに出場するなど、今大会でも上位進出が期待された大島は宇田にまさかの敗戦。大島は中学生とは思えない宇田の両ハンドドライブに苦しむ展開が続いた。フィジカルを生かしたフットワークでラリーに持ち込む場面もあったが、1対4で敗戦を喫した。このほか、森薗政崇(明治大)が緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー/帝京)、酒井明日翔(明治大)が德永大輝(鹿児島相互信用金庫)に敗れた。

■大島祐哉のコメント
「何もできなかったですし、自分の良いところもなく、悪いところしか出なかったので、この結果はしょうがないかなと思います。自分に足りない部分はこういう大きな舞台で出てくるのかなと思いますし、それを克服できない以上は全日本でも力を出すこともできないし、上にいくこともできないとあらためて感じました」
 

水谷は1ゲームを先制されながらも、勝利を収めた
 
岸川との大激戦を制した松平健太
 
宇田は大島から金星を挙げた
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事