1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 平野、伊藤らが女子シングルス4回戦突破

全日本卓球2017 平野、伊藤らが女子シングルス4回戦突破

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。女子シングルス4回戦には平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)、伊藤美誠(スターツSC)らが登場し、勝利を収めた。
 

 平野は河村茉依(アスモ)と対戦。回転量の多い両ハンドドライブから好機をつくり出すと、次球を強打で決める形が光った。河村の中陣からのドライブに対しても前後に動かして得点を決めて、5回戦へと勝ち進んだ。
 伊藤は平田有貴(アスモ)にストレート勝ち。第1ゲームこそ平田の攻勢に対してミスが目立ったが、変化を付けたレシーブで相手を揺さぶるなど、徐々に流れを引き寄せた伊藤。第2ゲーム以降は持ち味のバックハンド強打も決まりだして勝利をつかんだ。
 加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)はサウスポーの高橋梓海(日本体育大)に4対0で勝利。加藤は「左利き対策をしてきたのでそれが良かったです。相手はフォアの威力がある選手なので、なるべくストップが台からでないようにして先にせめていくようにしました」と振り返った。
 早田ひな(希望が丘高)は長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)に4対2で勝利。早田が序盤でリードを広げたが、試合中盤からは早田のボールに対応し始めた長﨑が反撃。2ゲームを取り返し、早田に迫った。しかし、第6ゲームは早田が先に仕掛ける形で長﨑をシャットアウト。サウスポー対決を制してランク決定戦に進出した。
 

平野は回転量の多いドライブで勝利
 
伊藤はバックハンドを軸にしたプレーで5回戦進出
 
加藤はゲームの主導権を握り続けた
 
早田は苦しみながらも長﨑との左利き対決を制した
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事