1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 男子ダブルス、女子ダブルスのベスト8が決まる

全日本卓球2017 男子ダブルス、女子ダブルスのベスト8が決まる

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子ダブルス、女子ダブルスは5回戦が行われ、ベスト8進出ペアが決まった。

 

 男子ダブルスでは前年度覇者の水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大)が笠原/森本とのラリー戦を制して8強進出。激しいラリーの応酬が繰り広げられたが、厳しいコースを突いて得点を重ねたチャンピオンペアが準々決勝進出を決めた。木造/松山(愛工大名電高)は、社会人王者の松平/上田(協和発酵キリン)に勝利。このほか、学生チャンピオンの丹羽/酒井(明治大)、張/高木和(東京アート)などがベスト8進出を果たした。
 女子ダブルスでは平/松本(サンリツ)の社会人チャンピオンなどが8強に勝ち進んでいる。このほか、阿部/徳永(早稲田大)は鈴木/安藤(専修大)との大学生ペア同士の戦いを制して準々決勝進出を果たした。

 

木造(左)/松山は強豪ペアを破り、準々決勝進出
 
丹羽(右)/酒井の学生チャンピオンも勝ち進む
 
社会人王者の平(右)/松本がベスト8に入った
 
阿部(右)/徳永は接戦をものにした
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事