1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 石川、平野らが女子シングルスのベスト8に進出

全日本卓球2017 石川、平野らが女子シングルスのベスト8に進出

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。女子シングルス6回戦では、石川佳純(全農)、平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)がベスト8進出を果たした。

 

 石川は森薗美咲(日立化成)と対戦。2人は2年前の決勝でも対戦しており、そのときは石川が4対0で勝利を収めた。今回の対戦でも石川が森薗を序盤からリードする。石川は左右への揺さぶりに対してしっかりと対応すると、ラリー戦でも森薗に打ち勝ち4対1で勝利。森薗は、第4ゲームのジュースの接戦を制して一矢報いたが、勝利には至らなかった。勝利した石川は「5回戦では苦しみましたが、森薗さんとの試合では良いプレーができました。明日は強気の姿勢を忘れずに、焦らず、驕らずにプレーしたいです」と語った。
 平野は前田美優(日本生命)にストレート勝ちを収めた。平野は試合を通じてサービスが効果的に決まって前田を突き放した。ラリーで先手を奪うなど、積極的なプレーも光り、準々決勝進出を決めた。試合後は「今日の試合は良い出来だったと思います。5回戦の阿部さん(サンリツ)との試合は組み合わせが決まってから、対策を練ってきたので、苦にすることなく対応できました」と、全日本に向けた準備が試合で生きたことを明かした。
石垣優香(日本生命)が芝田沙季(ミキハウス)に4対1で勝利を収めた。石垣は、序盤から攻撃を積極的に織り交ぜるプレーで芝田を破った。また、鈴木季茄(専修大)は昨年ベスト4の加藤杏華に勝利して初のベスト8進出を果たした。6回戦の結果は以下の通り。

<女子シングルス6回戦>
石川(全農) 4-1 成本(同志社大)
三宅(中国電力) 4-2 小道野(アスモ)
佐藤(ミキハウス) 4-1 森薗(サンリツ)
鈴木(専修大) 4-1 加藤(十六銀行)
橋本(四天王寺高) 4-3 安藤(専修大)
石垣(日本生命) 4-1 芝田(ミキハウス)
松澤(十六銀行) 4-3 永尾(アスモ)
平野(JOCエリートアカデミー) 4-0 前田(日本生命)
 

石川は安定した戦いぶりでベスト16に進出
 
鈴木は加藤をラリー戦で破って初のベスト8入り
 
三宅は小道野との日本リーガー同士の戦いを制した
 
橋本は安藤の攻撃をしのいで8強進出
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事