1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 吉村真晴、丹羽孝希のリオ五輪代表が男子シングルス6回戦で敗退

全日本卓球2017 吉村真晴、丹羽孝希のリオ五輪代表が男子シングルス6回戦で敗退

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子シングルス6回戦では、水谷隼(beacon.LAB)が勝ち上がる一方で、水谷と同じくリオデジャネイロオリンピック日本代表の吉村真晴(名古屋ダイハツ)、丹羽孝希(明治大)が敗れ、明日の準々決勝へ勝ち進むことができなかった。

 

 吉村は神巧也(シチズン)と対戦。序盤からフォア対フォアの激しい打ち合いが見られたが、神が吉村をわずかに上回って打ち勝ち2ゲームを連取。神の果敢な攻撃に対して吉村は、一発で抜き去るようなドライブで2ゲームを取り返すなど、反撃を見せたが、試合を通じてアグレッシブなプレーを続ける神を逆転することはできず、2対4で敗れた。
 丹羽は上田仁(協和発酵キリン)と対戦。1ゲーム目を落とした丹羽は第2、第3ゲームと取り返してゲームをリード。しかし、第4ゲームからは打球点の早い丹羽のプレーに上田が対応し始める。速いラリーが続く中でもミスが少ない上田に対して丹羽が崩れだす。ゲームカウントを2対3とされて後がなくなった丹羽は状況を打開したいところだったが、流れを引き戻すことはできず、ベスト16で今大会を終えることになった。
 水谷は緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー/帝京)にストレート勝ち。優勝経験のあつ吉田海偉(Global Athlete Project)が御内の甘いサービスを狙うなど、隙のないプレーで破り、2年ぶりのベスト8進出を果たした。

<男子シングルス6回戦>
水谷(beacon.LAB) 4-0 緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)
木造(愛工大名電高) 4-2 坪井(筑波大)
平野(協和発酵キリン) 4-2 硴塚(早稲田大)
神(シチズン) 4-2 吉村(名古屋ダイハツ)
吉村(愛知工業大) 4-1 笠原(協和発酵キリン)
上田(協和発酵キリン) 4-2 丹羽(明治大)
吉田(Global Athlete Project) 4-1 御内(シチズン)
龍崎(JOCエリートアカデミー/帝京) 4-3 松平(協和発酵キリン)
 

吉村は神に敗れ、まさかの6回戦敗退
 
神は得意のフォアハンドで吉村に打ち勝った
 
上田は丹羽を破り、8強進出
 
吉田は御内のカットを打ち崩して準々決勝へ
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事