1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 吉田海偉、吉村和弘が男子シングルスの準決勝に進出

全日本卓球2017 吉田海偉、吉村和弘が男子シングルスの準決勝に進出

1月16〜22日まで平成28年度全日本選手権大会が開催されている。男子シングルス準々決勝第2試合では、2度全日本を制したベテランの吉田(Global Athlete Project)と吉村(愛知工業大)が準決勝進出を決めた。


吉田(Global Athlete Project) 11-6,11-4,7-11,11-8,11-6 龍崎(JOCエリートアカデミー/帝京)
 過去に2度全日本優勝経験のあるベテランの吉田は龍崎と対戦。吉田は第1ゲーム、龍崎の積極的なレシーブの前にリードをされる展開となったが、大きなラリー戦で打ち勝つなど、威力十分のフォアハンドドライブで逆転。11-6で先制点を挙げた。吉田が2対0リードで迎えた第3ゲームは龍崎が吉田の強打を防ぐ丁寧なレシーブでゲームをリードし、7-11で取り返す。1ゲームを奪われた吉田だったが、第4ゲーム以降はサービスから好機をつくり出してラリーの主導権を握り、4対1で勝利を収めた。

■龍崎東寅のコメント
「ここまできて負けたらどういう気持ちになるのかなと思っていたのですが、やっぱり悔しいですね。最初から最後まで相手のペースに飲み込まれて全然思うようにいきませんでした。普段練習することもあるのでお互いに手の内はわかっていたのですが、サービスを1本ずつ変えられて自分のペースに持っていけませんでした。フォアハンドが本当に強くて対応できませんでした。ベスト8に入れたのはうれしいですが、満足せず上を目指していきたいです」


吉村(愛知工業大) 8-11,11-8,9-11,11-9,11-6,11-7 上田(協和発酵キリン)
 吉村は上田と対戦。第1ゲームは上田の厳しい台上プレーの前に、得意とする両ハンドドライブを振り抜くことができなかったが、第2ゲームでは、大きなラリー戦に持ち込んで得点するケースが増えて1ゲームを取り返す。1対2で迎えた第4 ゲームをものにすると、第5ゲームではコースの読みづらいバックハンドドライブを軸にしたプレーで勝利に王手をかけた。第6ゲームは9-7とリードした場面でタイムアウトをとる。その後のラリーを2本立て続けに制して、初の準決勝進出を果たした。敗れた上田は精度の高い台上プレーでゲームをリードしたが、吉村の強烈なドライブの前に惜しくも敗戦。3年ぶりのベスト4進出とはならなかった。

■上田仁のコメント
「前半は相手をうまく封じることができましたが、要所で相手が思い切ってきたときに僕が安定志向でいきすぎた分、徐々に押されてしまいました。自分の気持ちやプレーが守りに入ってしまったかなと思います。分が悪い相手だったのですが、直近の試合では勝っていたのでいいイメージで入れたんですけど、相手もいろいろ考えてきて、思いきりの良さで相手の方が上だった感じです。社会人も優勝していい状態でしたし、昨日の丹羽選手との試合も良かったので残念です」

吉田、歓喜の咆哮!
 
吉田はベテランらしい巧みな試合運びが光った

 

爆発力のあるバックハンドドライブで吉村が4強進出

 

 

龍崎は最後までペースをつかめずベスト8でストップ

 

 

上田は安定したプレーでリードするも、勝利ならず

 

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事