1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 女子ダブルスは平田/永尾が初優勝!

全日本卓球2017 女子ダブルスは平田/永尾が初優勝!

1月16〜22日まで平成28年度全日本選手権大会が開催されている。女子ダブルスは平田/永尾(アスモ)が土田/宋(中国電力)との日本リーグ勢同士の対決を制して初優勝を飾った。


<女子ダブルス決勝>
平田/永尾(アスモ) 6-11,11-7,11-9,11-7 土田/宋(中国電力)

 どちらが勝っても初優勝となる両ペアによる一戦は土田/宋が第1ゲームを先制。攻撃力の高い永尾に対して、中電ペアは土田が打球点の早い攻撃で永尾の強打を防いで11-6で先制した。続く第2ゲームはアスモペアが反撃。ラリーの早い段階で攻撃を仕掛けて、先手を奪うケースが増えた。中盤からは平田のループドライブから永尾が強打を決めるなど、連係の良さが光りゲームを取り返した。勝負の行方を左右する第3ゲームはアスモペアが11-9と接戦を制した。中電ペアは厳しいストップから、得点を奪う場面も見られたが、アスモペアが要所を締めて優勝に王手をかけた。迎えた第4ゲームは序盤からアスモペアがリードを広げた。中盤、中電ペアがリスクを恐れないプレーで迫ったが、一歩及ばず。見事、平田/永尾が女子ダブルスの栄冠を手にした。
 

平田/永尾が女子ダブルスの栄冠をつかむ!
 
平田(右)/永尾は最後まで連係の良さが光った

 

土田(左)/宋は1ゲームを先制するも頂点をつかむことはできず

 

若宮/森はチャンピオンペアの前に敗戦

 

 

山本/明神は土田/宋の前に勝機を見いだせなかった

 

<女子ダブルス準決勝>
土田/宋(中国電力) 11-5,11-5,11-7 山本/明神(中央大)
平田/永尾(アスモ) 11-8,5-11,11-7,11-8 若宮/森(日本生命)

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事