1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 丹羽/酒井が男子ダブルスの栄冠をつかむ!

全日本卓球2017 丹羽/酒井が男子ダブルスの栄冠をつかむ!

1月16〜22日まで平成28年度全日本選手権大会が開催されている。男子ダブルスは丹羽/酒井(明治大)が藤村/吉村(愛知工業大)との学生ペア同士の決勝に3対2で勝利して、男子ダブルスのチャンピオンに輝いた。


丹羽/酒井(明治大) 11-6,11-9,8-11,5-11,11-8 藤村/吉村(愛知工業大)
 大学生ペア同士による一戦となった決勝。両ペアは昨年の全日学の決勝でも対戦しており、そのときは3対1で丹羽/酒井が勝利を収めている。この試合でも丹羽/酒井が愛工大ペアをリードする。相手に的を絞らせないサービス・レシーブでゲームの主導権を握ると、ラリー戦では厳しいコースを打ち抜き、2ゲームを連取した。対する藤村/吉村は第3ゲームから反撃。吉村がレシーブから積極的に攻めるなど、相手ペアにプレッシャーをかけると、ここまで好プレーを連発してきた酒井にミスが出始めるなど、試合の流れが変わる。愛工大ペアはこのチャンスをしっかりとものにして2ゲームを奪取し、最終ゲームへと持ち込んだ。どちらに勝利の女神が微笑むかわからない戦いとなったが、最後は明治大ペアが序盤のような勢いのある攻撃で愛工大ペアを押し切り、3対2で勝利。前年の全日学に続いて、勝利を収めて見事、全日本ダブルスの頂点を射止めた。

丹羽(右)/酒井が接戦を制して、男子ダブルスの頂点に立つ!
 
藤村(左)/吉村は劣勢からばん回するも、フルゲームの末に敗戦

 

水谷(左)/吉田は連覇達成ならず

 

健闘を見せた高校生チャンピオンの木造(左)/松山

 

<男子ダブルス準決勝>
丹羽/酒井(明治大) 11-8,11-7,5-11,11-5 水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大)
藤村/吉村(愛知工業大) 11-6,15-13,11-6 木造/松山(愛工大名電高)

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事