1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ 日本勢のダブルス種目の組み合わせ

世界卓球2017デュッセルドルフ 日本勢のダブルス種目の組み合わせ

明日、開幕の世界卓球2017デュッセルドルフ。本日行われたシングルスのドローのほか、ダブルス種目の組み合わせも決まっており、日本勢は全てのペアが5月30日から登場する。
 

前回大会ベスト8の森薗(左)/大島はメダル獲得を狙う


男子ダブルスでは前回大会で許昕/張継科(中国)の優勝ペアを苦しめた森薗/大島、が明日行われる予選を勝ち上がったペアと1回戦で対戦する。優勝候補の樊振東/許昕(中国)や馬龍/ボル(中国/ドイツ)の国際ペアが反対側のブロックに入っており、順当に勝ち上がることができれば前回果たせなかったメダル獲得が十分に狙える状況となっている。
丹羽/吉村は1回戦でゴメス/ラマドリッド(チリ)と対戦。こちらのペアも準決勝までは中国ペアとは当たらない組み合わせとなっている。リオ五輪でのメダル獲得に大きく貢献した2人のペアだけに上位進出に期待が集まる。

女子ダブルスは、平野/石川が1回戦でパラナン/サウェッタブット(タイ)と対戦する。勝ち進めば3回戦で丁寧/劉詩雯(中国)と対戦する。また、伊藤/早田はアシュワンデン/クマハラ(スイス/ブラジル)の国際ペアと対戦。勝ち上がると2回戦で金璟娥/徐孝元(韓国)のカットペアと対戦する。

前回大会の混合ダブルスで銀メダルを獲得した吉村/石川は予選から勝ち上がったペアと1回戦で対戦する。順当に勝ち進めば準々決勝で李尚洙/梁夏銀(韓国)と対戦することが予想される。また初出場の田添/前田は1回戦でディヤス/グリボウスカ・フランク(ポーランド)と対戦する。
 

今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事