1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ3日目⑫ 女子単は日本の全選手が3回戦へ

世界卓球2017デュッセルドルフ3日目⑫ 女子単は日本の全選手が3回戦へ

女子シングルス2回戦には日本の5選手が出場し、いずれも勝利を収めて3回戦へと勝ち進んだ。
 

平野はピッチの速い攻撃でサウェッタブートに快勝

伊藤は持ち味の積極的な強打で勝利

石川は1回戦に続いて難なく勝ち進んだ

佐藤は初出場ながら冷静なプレーが光る

加藤は接戦になるも、相手を押し切った


<女子シングルス2回戦>

佐藤 5,4,6,6 鄭先知(中華台北)

石川 3,6,3,4 ノスコワ(ロシア)

平野 5,3,8,11 サウェッタブート(タイ)

伊藤 10,10,-9,4,11 エアラント(オランダ)

加藤 8,5,-8,13,-9,6 呉穎嵐(香港)


女子シングルス2回戦では、出場している日本の5選手が全員3回戦へと勝ち進んだ。平野はサウェッタブート(タイ)と対戦し、高速ラリーで相手を圧倒。連打で叩き込むなど、平野らしいピッチの速い攻撃で勝利を収めた。また、1回戦で苦しみながらも勝利を収めた伊藤はエアラント(オランダ)と対戦。接戦となるゲームが多かったが、勝負どころで伊藤が強打を決めて試合を優位に進めた。第5ゲームもジュースにまでもつれたが、伊藤が積極的な攻撃で押し切って3回戦進出を決めた。
 

このほか、丁寧、劉詩雯ら中国選手はそろって勝利。メインアリーナで行われた試合では、地元・ドイツのシルバーアイゼンが16シードのユ・メンユ(シンガポール)に勝利したほか、16シードのP.ゾルヤ(ドイツ)はペルゲル(ハンガリー)に敗れ、2回戦で姿を消すことになった。


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事