1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ5日目⑧ 石川は丁寧に敗れ、準々決勝敗退

世界卓球2017デュッセルドルフ5日目⑧ 石川は丁寧に敗れ、準々決勝敗退

女子シングルス準々決勝では石川が前回チャンピオンの丁寧(中国)と対戦。1ゲームを奪ったもののゲームカウント1対4で敗れ、準々決勝敗退となった。
 

石川は女王・丁寧に敗戦

丁寧は石川とのラリー戦を制した

劉詩雯は木子に勝利し、準決勝進出を決めた


<女子シングルス準々決勝>

丁寧(中国) 8,2,-7,8,2 石川

劉詩雯(中国) -1,6,8,3,7 木子(中国)

 

 平野に続いて女子シングルス準々決勝に登場した石川は前回チャンピオンの丁寧(中国)と対戦。第1ゲームは終盤まで競り合う展開となったが、勝負どころでバック対バックの打ち合いの中でミスが出て、8-11でゲームを奪われた。続く第2ゲームは丁寧が序盤から石川をリード。石川のプレーに対して完璧に対応した丁寧に対して、チャンスをつくることができず2-11でゲームを連取された。第3ゲームは石川が9-5とリード。その後、サービスミスなどもあって9-7となったところでタイムアウト。そこから2連続得点で1ゲームを奪い返した。
 第4ゲームも終盤まで互角の打ち合いを見せたが、8-8の場面で3球目でチャンスボールをドライブミスするなど、大事な場面でのミスが響いて8-11でゲームを落とした。第5ゲームは丁寧の勢いを止めることができず、出足からリードを許す展開が続き2-11で敗れた。

 丁寧のほか、劉詩雯(中国)が木子(中国)との同士打ちを制して準決勝に進出。第1ゲームを1-11で落とした劉詩雯だったが、第2ゲーム以降は、試合の流れをつかんで4ゲームを連取して勝ち上がりを決めた。


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事