1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ライオンジャパンオープン⑤ 【女子シングルス】成本、安藤らが予選トーナメント2回戦へ

ライオンジャパンオープン⑤ 【女子シングルス】成本、安藤らが予選トーナメント2回戦へ

女子シングルス予選トーナメント1回戦では成本(中国電力)、木原(JOCエリートアカデミー)、安藤(専修大)の日本の3選手が勝利。予選トーナメント2回戦(決勝トーナメント進出決定戦)へと勝ち進んだ。
 
成本はフルゲームの末に勝利

安藤は強打で得点を重ねて次ラウンドに進出

鈴木はマッチポイントを奪うも惜敗

池上はゲームをリードしたが、勝利ならず

 成本は李炫宙(韓国)と対戦。先に3ゲームを奪われる苦しい展開となるが、勝負どころでしっかりと攻め切って4対3で逆転勝利を収めた。また、21歳以下女子に続く出場となった木原は劉恩寵(韓国)を寄せ付けずにストレート勝ち。ピッチの速い攻撃で相手を揺さぶって次ラウンド進出を決めた。安藤は李昱諄(中華台北)と対戦。緩急をつけた攻撃でゲームを優位に進めて予選トーナメント2回戦へと駒を進めた。
 鈴木(日立化成)はツァン・モー(カナダ)と対戦し、フルゲームの末に敗れた。最終ゲームは先にマッチポイントを奪ったが、最後までツァン・モーの強打に苦しんだ。皆川(昇陽高)、池上(愛媛銀行)、笹尾(横浜隼人高)も敗れ、次ラウンド進出とはならなかった。
 


<女子シングルス予選トーナメント1回戦(日本選手関係)>
馬文婷(ノルウェー) 7,6,9,8 皆川優香(昇陽高)
黄怡樺(中華台北) -7,4,-8,7,7,5 池上玲子(愛媛銀行)
木原美悠(JOCエリートアカデミー) 6,11,5,4 劉恩寵(韓国)
成本綾海(中国電力) -7,-8,7,8,-9,9,9 李炫宙(韓国)
鄭先知(中華台北) 7,-8,-9,4,-1,5,9 笹尾明日香(横浜隼人高)
安藤みなみ(専修大) 11,12,8,-6,8 李昱諄(中華台北)
ツァン・モー(カナダ) 8,-9,-6,8,-5,10,10 鈴木李茄(日立化成)



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯2017:http://japantabletennis.com/japanopen2017/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事