1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ライオンジャパンオープン⑧ 【男子シングルス】張本、吉村真晴らが次ラウンドへ進出

ライオンジャパンオープン⑧ 【男子シングルス】張本、吉村真晴らが次ラウンドへ進出

男子シングルス予選トーナメント2回戦では張本(JOCエリートアカデミー)、吉村(名古屋ダイハツ)ら、世界卓球2017デュッセルドルフに出場した選手たちが登場。出場した全選手が勝利を収めて、決勝トーナメント進出決定戦へと駒を進めた。
 
張本は苦しみながらも勝ち切った

吉村は勝負強さが光った

吉田は先制点を奪われながらも、逆転勝ち

平野はラリー戦で強さを見せて陳建安に勝利

上田は林兆恒との接戦を制した

 世界卓球2017デュッセルドルフで最年少でベスト8に入った張本智和はJon.パーソンと対戦。第1ゲームから前陣で打球点の早いバックハンドドライブを軸にリードを握る。10-8から追いつかれたものの要所を締めて14-12で第1ゲームを先取。続く第2ゲームを奪った張本だが、第3ゲームはフリックレシーブにミスが出るなど、精度を欠く場面もあり、8-11で落とした。続く第4ゲームを奪った張本だが、第5ゲームは終盤までリードしながら逆転された。高速プレーに対して徐々に対応し始めたJon.パーソンに対して張本は苦しい展開が続くも第6ゲームを11-9で締めて勝利。次戦では決勝トーナメント進出をかけて中国の梁靖崑と対戦する。中国選手を相手にどのようなプレーを見せるのか、注目だ。
 世界卓球の混合ダブルスで金メダルを獲得した吉村真晴は朴康賢(韓国)と対戦。第1ゲームを奪われ、第2ゲームも大きくリードしたところから迫られるなど、リズムに乗り切れない場面も見られたが、要所での厳しいプレーが光り、ゲームカウント4対1で勝利。勝負強さを見せて次ラウンドへと勝ち進んだ。
 このほか、龍崎(明治大)、田添(専修大)、吉村和弘(愛知工業大)、平野、上田(ともに協和発酵キリン)も勝利し、予選トーナメント3回戦進出を決めた。


<男子シングルス予選トーナメント2回戦>
龍崎東寅(明治大)-9,6,7,-9,7,10 江天一(香港)
吉田雅己(協和発酵キリン) -6,7,8,7,8 楊恒韋(中華台北)
田添健汰(専修大) -7,-7,6,7,6,8 フロール(フランス)
吉村和弘(愛知工業大) 6,4,-9,8,-8,10 張禹珍(韓国)
平野友樹(協和発酵キリン) 10,7,6,15 陳建安(中華台北)
上田仁(協和発酵キリン) 7,6,-8,4,-9,4 林兆恒(香港)
張本智和(JOCエリートアカデミー) 12,6,-8,3,-9,10 Jon.パーソン(スウェーデン)
吉村真晴(名古屋ダイハツ) -9,9,8,10,7 朴康賢(韓国)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯2017:http://japantabletennis.com/japanopen2017/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事